スポンサーリンク

HOME > 労働実務事例 > 出向元のみ被保険者資格取得か

労働実務事例提供:労働新聞社

出向元のみ被保険者資格取得か

カテゴリ
健康保険法  >  総則関係
著作者
労働新聞社
「労働新聞」「安全スタッフ」(2009年1月~12月掲載文)
法改正等で現在の正確な内容と異なる場合があります。

[ 質問 ]

 当社の部長を出向させ、グループ会社の役員に就いてもらうことにしました。役員報酬は出向先にも一部負担してもらいますが、出向元のみ、健康保険の被保険者資格が継続すると考えてよいのでしょうか。

山形・R社

[ お答え ]

 被保険者となるのは、適用事業所に使用される人ですが、これは事実上その事業主のもとで使用され、労働の対償として賃金等を受けている人です。
 出向元あるいは出向先が賃金を全額支払っているならば、賃金の支払いを行っている事業所の保険関係が適用されます。
 それぞれが賃金を分担して支払う場合は、出向元での被保険者資格はそのまま継続し、出向先においても被保険者資格取得届を提出します。
 出向元・先と2つ以上の事業所に勤めている人については、各事業所で受けた報酬を合算した額をもとに、標準報酬月額を決めます。
 また、被保険者は「所属選択・2以上事業所勤務届」を提出しなければなりません(健保則第37条)。保険者、あるいは管轄の年金事務所が異なる場合は、所属を選択して任意に1つの保険者を決める必要があります(健保則第1条)。
 保険者が出向元・先の報酬月額を合算し、保険料は各事業所の報酬に比例して分けられます。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在636事例
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク