スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 「労働条件の明示」 【労働基準法 第15条1項】

コラムの泉

「労働条件の明示」 【労働基準法 第15条1項】

カテゴリ
労務管理  >  労働基準法
最終更新日
2004年12月12日 03:43
著者
株式会社ヒビコレ さん
ポイント
18,837,875ポイント
ポイントランキング100

≪本文≫

使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金労働時間
その他の労働条件を明示しなければならない。この場合において、
賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項
については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければなら
ない。


≪解説≫

使用者は、
→ 労働契約の締結に際し、
→ 労働者に対して賃金労働時間
→ その他の労働条件
→ 明示しなければなりません。
労働基準法第15条1項)


【絶対的明示事項】 
→ 必ず明示しなければいけないもの。

労働契約の期間
★就業の場所及び従事すべき業務
★始業及び終業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩
間、休日、休暇並びに労働者を2組以上に分けて就業させる場合に
おける就業時転換
賃金退職手当、臨時の賃金除く)の決定、計算・支払の方法、
賃金の締切・支払の時期、昇給
退職


【相対的明示事項】 
→ 定めがある場合には、明示しなければならないもの。

退職手当の定めが適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計
算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期
★臨時に支払われる賃金退職手当を除く。)賞与等並びに最低賃
金額
労働者に負担させるべき賃金、作業用品
★安全及び衛生
★職業訓練
★災害補償及び業務外の傷病扶助
★表彰及び制裁
休職





スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,207コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク