スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 「平均賃金の定義」 【労働基準法 第12条6項・7項・8項】

コラムの泉

「平均賃金の定義」 【労働基準法 第12条6項・7項・8項】

カテゴリ
労務管理  >  労働基準法
最終更新日
2004年12月12日 03:45
著者
株式会社ヒビコレ さん
ポイント
19,176,326ポイント
ポイントランキング100

≪本文≫

6.
雇入後3箇月に満たない者については、第1項の期間は、雇入後の
期間とする。

7.
日日雇い入れられる者については、その従事する事業又は職業につ
いて、厚生労働大臣の定める金額を平均賃金とする。

8.
第1項乃至第6項によって算定し得ない場合の平均賃金は、厚生労
働大臣の定めるところによる。



≪解説≫

★雇入後3箇月に満たない者
→ 原則として、
→ 算定期間は3箇月間となっていますが、
→ 雇入後3箇月に満たない者に関しては、
→ 雇入後の期間で計算します。


★日日雇い入れられる者
→ 日雇労働者
→ 日雇労働者は、
→ 常用労働者とは異なる方法により
→ 平均賃金算定します。


算定し得ない場合の平均賃金
→ 入社日に平均賃金
→ 算定しなければならない事由が生じたなど、
→ 算定不能の場合には、
→ 都道府県労働局長が決定します。





スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,082コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク