スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 組織開発: なぜ「細胞」は小さいのか?

コラムの泉

組織開発: なぜ「細胞」は小さいのか?

カテゴリ
その他  >  経営  /  コーチング
最終更新日
2014年03月25日 13:05
著者
合同会社5W1H さん
ポイント
325,490ポイント
ポイントランキング100

総務の森』コラムをご覧のみなさま


こんにちは! 合同会社5W1Hの高野潤一郎と申します。

プロフィールとバックナンバーは、こちらからご覧いただけます。
http://www.soumunomori.com/profile/uid-97755/


本コラムでは、弊社Facebookページに公開した記事(2014年1月20
日投稿)の一部を改変してシェア差し上げます。 今回のタイトル
に興味をお持ちいただけた方は、是非、お役立てください。

<以下、抜粋記事となります。その旨、予めご了承くださいませ。
 なお、システム上、本コラムでご紹介できない『画像』などを含
 めた『全文』は、後述のリンク先より、無料で、何の登録手続き
 もなく、ご覧いただけますので、ご安心ください。>

============================================================

■組織開発:なぜ「細胞」は小さいのか?


なぜヒトのような大きな生物は、「少数の巨大な細胞」ではなくて、
「多数の微小な細胞」から成り立っているのでしょう?

図表は身近な単位「センチメートル」で表現していますが、大切な
のは、球体であれ立方体であれ、「物体は大きくなるにつれて、
(表面積/容積)の比が、どんどん小さくなる」ということを示し
ています。

------------------------------------------------------------
細胞の「容積」は「単位時間当たりに細胞が行う化学反応の量」
を決めています。

細胞の「表面積」は「細胞が外部環境から取り込む物質の量と、
外部環境へ排出する老廃物の量」を決めています。
------------------------------------------------------------


細胞の容積が大きくなると、化学反応の量・老廃物の生成速度・化
学反応に用いる原材料物質の需要が、表面積の増大率よりもずっと
大きくなります。

[例:半径1cmの球の『表面積』は、半径4cmになると【約16倍】大
きくなります。このとき、半径1cmの球の『容積』は、半径4cmにな
ると【約64倍】に増大します。]

また、細胞内でいろいろな物質を、こちらからあちらへと移動させ
る用事も増えます。

つまり、細胞の容積が小さければ小さいほど、こういったさまざま
な生命活動が容易に達成できるのです!

言葉を変えれば、細胞が正常に生命活動を行って、その機能を果た
すには、「(表面積/容積)の比を大きく維持」しなければならな
いということです。

こういった理由で、ヒトのような大きな生物は、「少数の巨大な細
胞」ではなくて、「多数の微小な細胞」から構成されているのです。

この話、生物学だけに当てはまる特殊な話でしょうか?

例えば、「細胞」を企業のような「組織」あるいは「部署やチーム」
などと読み替え、「化学反応」を『組織コミュニケーション』と読
み替えると、興味深い見解がいろいろと出てくるように思います。

あなたが所属される組織で、「(表面積/容積)の比を大きく維持」
するには、どういった取り組みが有効でしょうか?

今回の記事、あなたは、何に氣づいて、何を感じられるでしょうか?

(後略)

============================================================


冒頭でご案内差し上げましたように、本記事の『全文』は、下記
よりご覧いただけます。上記抜粋記事をご覧になった上で、詳細
についてお知りになりたい方は、是非ご活用くださいませ。

●弊社Facebookページ投稿記事(2014年1月20日投稿)
 組織開発:なぜ「細胞」は小さいのか?
 → http://ow.ly/uVdiy

============================================================
出典を明記していただき、『著作権法』で認められる『引用』の
範囲を超えなければ、許可なしで部分引用可能です。
また、内容を改変せず、元のままの形(あるいは上記リンク先)
であれば、お知り合いなどに転送していただいて構いません。
============================================================


以上、何か少しでも、『総務の森』コラムをご覧のみなさまの
お役に立てることがあれば幸いです。

お忙しいところ、目を通していただき、ありがとうございました!

               高野潤一郎@合同会社5W1H

P.S.1
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

合同会社5W1H流コーチング学習プログラム」に参加された方
の「生の声」、公開をご了承いただけたものが少し増えました!

プログラムを提供させていただいている私自身では氣づかない、
参加者ならではの「生の声」です。

合同会社5W1H流『コーチング学習プログラム』

 ~「自らを制約から解放し、境界を超えていく能力」
  「自ら適切な課題を設定する能力」を高めるのに有効!~

 4月26日(土)スタート
 http://www.5w1h.co.jp/coaching/CLP.html

「参加者の声」は、こちら↓からご確認いただけます。
  http://www.5w1h.co.jp/coaching/CLP.html#comments

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 『率直な対話で、協働を進める人』になる!
 『チームの学習・適応・相乗効果』を促進する!
 『複眼思考』で『関係者の納得解』を導き出す!

●「フレームワーク質問力(R)」セミナー
http://www.5w1h.co.jp/mutual_learning/individual_quest.html

 4月22日(火)、23日(水)ほか

(「一般公開セミナーの日程以前に来期の研修を検討したい!」と
  いったご要望をお持ちの組織の方からのご相談は、随時、お受
  けしております。
  こちら→https://www.5w1h.co.jp/all2/sfm_form.html から、
  お氣軽にお問い合わせくださいませ。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


P.S.2
もし『図表』を用いた解説も多い弊社発信情報にご興味をお持ち
いただけたようでしたら、下記もご覧になってみてください。

●無料ニューズレター『QOL向上のヒント』の購読/解除
 http://www.5w1h.co.jp/newsletter.html
 (バックナンバーもご覧いただけます♪)

合同会社5W1H の『公式 Facebookページ』
 http://www.facebook.com/5W1H.LLC
 (Facebookのアカウントなしで読める公開記事や
  『期間限定公開のレポート』などが入手可能です♪)

_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/


 「自律共栄の納得人世」の実現に向け、
 「人財と組織の育成を支援」する 合同会社5W1H

         代表 高野 潤一郎 [ 博士(先端科学技術) ]

合同会社5W1Hウェブサイト 】 http://www.5W1H.co.jp/


【 Facebookページ 】 http://www.facebook.com/5W1H.LLC
          (アカウントなしで読める公開記事や、
           期間限定公開のレポートなどがあります。)

【 Google+ページ 】 http://gplus.to/5W1H/


【 今後のイベント一覧 】http://www.5w1h.co.jp/event.html


_/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/ _/



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,791コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク