スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 成長ベンチャー(中堅)企業の業務システムに求められること

コラムの泉

成長ベンチャー(中堅)企業の業務システムに求められること

カテゴリ
その他  >  経営
最終更新日
2015年05月14日 10:10
著者
株式会社インターメッセ さん
ポイント
15,481ポイント
ポイントランキング100

業務改善コンサルタントの光本です。
最近、成長ベンチャー(中堅)企業様の業務システム構築に関する導入支援のご相談が増えてきましたので、成長ベンチャー(中堅)企業の業務システム構築おける重要な視点を整理してみたいと思います。

まず、成長ベンチャー(中堅)企業の大きな特徴としては、ビジネスやサービス内容について軌道修正が急に、しかも頻繁に発生し、それに伴って組織が変わる、業務のやり方が変わる、社内制度が変わる、社内ルールが変わる、といった、良く言えば柔軟で機動力がある、悪く言えば定着する間もなく、いつも不安定な状態である、ということが挙げられると思います。

そうした企業の業務システム運用の現場では、

1.変更要件の理解
2.改修方法の検討と改修箇所の特定
3.改修作業
4.改修後の稼働検証

というシステム保守サイクルを繰り返し行っており、特に4.の改修後の稼働検証は、現場のシステム保守担当者に大きな負担となっている状況があります。

というのも、例え、業務要件としては、とても小さな変更要件だったとしても、プログラムの改修を行った以上どこに不具合や障害の発生リスクが潜んでいるのか影響範囲が分からないため、ある程度広い業務範囲でテスト計画を立てて検証することが必須だからです。

このことによって、どうしても業務システムの運用保守コストが増大してしまい、経営上も負担に感じるという課題を抱えられているお客様も多いと思います。

検証工数が大きいからといって、手を抜いたり、これを怠ったりすると、大きなシステム障害を招いてしまって、結果的に、運用保守コストをはるかに超える大きな代償を払うことになってしまったということもよくあることですので、そういった決断も難しいでしょう。

また、もう一つの重要な側面は、ビジネス環境の変化に対応して業務システムを改造する、そのスピードです。
日常的に起こり得るビジネスやサービス内容の軌道修正、それに伴って組織が変わる、業務のやり方が変わる、社内制度が変わる、社内ルールが変わる、といった業務環境の変化に、どのくらいの早さで業務システムを合わせられるのか?

これは、現在のビジネス環境におけるITの位置づけを考えると、企業の競争力を左右する重大な課題と言えます。

そうした課題に対して、いろいろな言い方がありますが、一部の成長ベンチャー(中堅)企業では、

DIY(Do It Yourself)
内製化
インソーシング

といった、外部業者のSI(システムインテグレーター)、ソフトウエア・ハードウエアベンダーへ外部委託してシステムを改修するのではなく、自社組織の情報システム部門の社員が、自らが迅速に対応していこうという動きも出てきています。

これは、まさに上記の自社のビジネスにおけるITの位置づけを重要視し、ITによる競争力強化を図っていこうとしている企業の動きではないかと思われます。

このように、成長ベンチャー(中堅)企業の業務システムでは、

・運用保守コストを減らすことができる
・変更要望に素早く、柔軟に対応できる

ということが非常に重要な視点となってきます。

そういった理由で、弊社の提供する「クラウド型Webデータベース」を業務システム基盤として採用される成長ベンチャー(中堅)企業様が増えているのではないかと思っています。

クラウド型Webデータベースは、先述の課題を解決できる有望なソリューションとして徐々に受け入れられてきているように感じます。

■やはり最重要ポイントの一つは、「ノンプログラミング」であり、開発をせず、大部分の機能をプラットフォームが担うということです。

■さらに、もう一つは、ノンプログラミングでありながら、標準機能として備わっている機能を使うだけというパッケージソフトではなく、自社独自の業務フロー、自社独自のデータベースやシステム機能、自社独自の帳票出力が可能であり、オーダーメイドでスクラッチ開発する業務システムとそん色のないシステムが構築できるという点です。

※ERPパッケージ(基幹業務パッケージソフト)のパラメータ設定による構築やアドオン開発とも全く違います。

プログラム開発しませんので、基本的に連鎖的なバグを招くリスクが低く、4.の改修後の稼働検証は、比較的限定された範囲での検証で済みます。

さらに合わせて、2.改修方法の検討と改修箇所の特定や3.改修作業、の工程についても、全体機能の把握のしやすさ、簡単な設定変更で改修が完了してしまうこと、などから、保守作業の大幅な工数削減が実現できます。

また、これは、プログラム言語の習得やハードウエアやITインフラ知識もそれほど必要ではありませんので、

DIY(Do It Yourself)
内製化
インソーシング

をかなり容易に、しかもスピーディーに推し進めることが可能となります。


弊社では、「クラウド型Webデータベース」の導入(設定代行)サービスの他、

・自社の情報システム要員が不足、ビジネスに集中したいお客様へは、
  →「保守サービス」

・DIY(Do It Yourself)、内製化、インソーシングを推し進めるお客様へは、
  →「設定作業トレーニング・サービス」

をご提供し、安心して、継続してご利用頂けるようにご支援しておりますので、ご興味がございましたら、お気軽にご相談頂ければと思います。

無料相談のご依頼は下記からお願いします。
https://www.intermesse.co.jp/hdb/soudan/soudan.html



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,138コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク