スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 人材のミスマッチ、ダブつき、不足はいずれも活力を削ぐ(1)

コラムの泉

人材のミスマッチ、ダブつき、不足はいずれも活力を削ぐ(1)

カテゴリ
労務管理  >  全般
最終更新日
2016年07月01日 09:45
著者
社労士事務所HRMオフィス さん
ポイント
1,936,536ポイント
ポイントランキング100

みなさま、こんにちは。今日もお越しいただき、ありがとうございます。

「会社の人材はダブついていないか?」
「会社で人材のミスマッチは起こしていないか?」

このように問いかけると、多くの人は、「すわ、リストラか?」と身構えます。

一方、「会社の人材は足りているか?」と問うと、今度は過重労働の問題があがってきます。

いずれも的外れというわけではありません。

しかし、もっと根本的な問題があります。

それは、人材は過剰でも不足でもモチベーションにマイナスに働くということです。
同時に、人材のミスマッチ状況も同様のことが言えます。


これまで人材の過不足という問題は、経営的には要員計画、人件費管理の問題として捉えられてきました。

もちろんそれは重要な問題なのですが、この部分にだけしか目が向いていないと、人員というのは過重労働にならない範囲で少な目の方がいいということになります。

一方この問題を働く側の目線で見ると、前述の通り過重労働の問題に焦点が当たります。

そうすると今度は、人員は人件費が過度に経営を圧迫しない範囲で余剰にしておくのがいいということになります。

*--------------------------*
 「賃金制度見直しの基礎セミナー」のお知らせ
*--------------------------*

7月13日(水)、「賃金制度見直しの基礎セミナー」を開催します。

賃金は働く人の生活の糧であると同時に、人材の戦力化、活性化の決め手となる、経営ツールです。
どのような賃金制度を作り、社員の賃金をどう決めるか、どの会社も頭を悩ませています。
セミナーでは、賃金制度の作り方を、豊富な実務経験とコンサルティング経験に基づいて、分かりやすくご説明します。
人材価値を高め、業績向上につながる賃金制度を作っていきましょう。

詳しくはこちらをご覧ください!

賃金制度見直しの基礎セミナーのご案内
http://www.hrm-consul.com/seminor.html

*-------------------------------*
 ◆人事賃金制度をつくりたい、見直したいという方はこちらへ!
 http://www.hrm-consul.com/index.html
*------ ------------------------*

*-------------------------------*
 ◆就業規則労務管理労働時間、非正社員活用のご相談はこちらへ!◆
 http://www.hrm-solution.jp/index.htm
*-------------------------------*



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,089コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク