スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > )雇用形態あれこれ(8)~契約社員

コラムの泉

)雇用形態あれこれ(8)~契約社員

カテゴリ
労務管理  >  全般
最終更新日
2016年07月08日 11:23
著者
社労士事務所HRMオフィス さん
ポイント
1,936,525ポイント
ポイントランキング100

みなさま、こんにちは。今日もお越しいただきありがとうございます。

雇用改革を考えるシリーズコラム、会社にはどんな雇用形態の人がいるのか、概観しています。

今回は有期契約社員についてみてみましょう。


◆フルタイム契約社員

労働契約期間が有期でフルタイム勤務の社員です

一般に「契約社員」というとこの形態を指しますが、パートタイマーも有期労働契約であることが多いので、ここでは「フルタイム契約社員」と称します。

フルタイム契約社員は、担当する業務や担っている役割によって、次の3つの類型に分かれます。

・フルタイム契約社員・プロフェッショナル型
・フルタイム契約社員・職務同一型
・フルタイム契約社員・アシスタント型

◆フルタイム契約社員・プロフェッショナル型

高度な技術、知識、スキルを活かして職務を遂行する人たちで、研究者やデザイナーなどの専門職に見られます。

また、店舗の立ち上げを専門に請け負うといった特殊なケースもあります。

このような形態の人たちが必要とされるのは、主に次のような場面でです。

・市場価値が高い人を雇いたい

その人を採用したかったら、社員の賃金制度の枠組みには収まらない水準の賃金を支払わなければならないというケースです。

社員の賃金制度に特別枠を設けるといった対応も可能ですが、そうすると賃金制度が崩れるなどの問題を生じるため、社員とは別枠にするということです。

・期間限定のプロジェクト要員として雇いたい

前述の新店舗立ち上げとか、あまり経験のない分野への進出、従来のカテゴリーに収まらない新製品の開発といった期間を限定したプロジェクトに一定期間携わってもらうという活用方法です。

*--------------------------*
 「賃金制度見直しの基礎セミナー」のお知らせ
*--------------------------*

7月13日(水)、「賃金制度見直しの基礎セミナー」を開催します。

賃金は働く人の生活の糧であると同時に、人材の戦力化、活性化の決め手となる、経営ツールです。
どのような賃金制度を作り、社員の賃金をどう決めるか、どの会社も頭を悩ませています。
セミナーでは、賃金制度の作り方を、豊富な実務経験とコンサルティング経験に基づいて、分かりやすくご説明します。
人材価値を高め、業績向上につながる賃金制度を作っていきましょう。

詳しくはこちらをご覧ください!

賃金制度見直しの基礎セミナーのご案内
http://www.hrm-consul.com/seminor.html

*-------------------------------*
 ◆人事賃金制度をつくりたい、見直したいという方はこちらへ!
 http://www.hrm-consul.com/index.html
*------ ------------------------*

*-------------------------------*
 ◆就業規則労務管理労働時間、非正社員活用のご相談はこちらへ!◆
 http://www.hrm-solution.jp/index.htm
*-------------------------------*



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,089コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク