スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > なぜを5回繰り返す請求項の書き方

コラムの泉

なぜを5回繰り返す請求項の書き方

カテゴリ
企業法務  >  知的財産権
最終更新日
2016年12月07日 11:31
著者
特許業務法人ライトハウス国際特許事務所 さん
ポイント
210,311ポイント
ポイントランキング100

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■□■ なぜを5回繰り返す請求項の書き方 第117号 ■□■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当メールマガジンは、
弁理士である著者が、特許の実務に携わる方にとって、
お役に立つ情報がご提供できればと思い、

 ★特許の実務を進める上で役立つ情報
 ☆日常の業務の中で得た考え方やノウハウ

等を配信させて頂いております。

●ご不要な方は、本メールの一番最後に解除ページのご案内がございますので、
 大変お手数ではございますが、そちらのページから解除をお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




こんにちは。田村良介です。


トヨタ自動車の元副社長をされていた大野耐一さんの
『トヨタ生産方式 脱規模の経営をめざして』という
書籍があります。

大野耐一さんは、トヨタ生産方式の生みの親とも
呼べる方だそうです。


この書籍の中でも紹介されていますが、
大野耐一さんが提唱したと言われる考え方として、
「なぜを5回繰り返す」というものがあります。


例えば、

何らかのトラブルが発生したときに、
なぜを5回繰り返すことで、
トラブルの真の原因を探ることができる、

というものです。


なぜを5回繰り返さないと、
すぐに思いつく答えを結論としてしまい、

表面に見える状況だけについて、
対応することになります。


結局、根本的な解決はできず、
何度も問題が繰り返されることになります。



ところで、うちには、4歳の息子がいますが、

母親が叱ると言うことを聞くのに、
私が叱ると、私に立ち向かってきます。。。


『なぜ、私が叱ると、立ち向かってくるのか?』
   ↓
 私を友達だと思っているから。
   ↓
『なぜ、友達だと思っているのか?』
   ↓
 父親としての威厳を示すことができていないから。
   ↓
『なぜ、威厳を示すことができていないのか?』
   ↓
 息子と一緒になって、バカな遊びをしているから。


といったように、真の原因を探りあてることができます。


それはさておき、

「なぜを5回繰り返す」ことで、
ものごとの本質を探りあてることができるのだ

と思います。



例えば、発明の捉え方についても、

なぜを繰り返すことで、
発明の本質を探りあてることができます。


『なぜ、断面が六角形の鉛筆は、
 断面が円形の鉛筆よりも転がりにくいのか?』
   ↓
 断面が多角形だから
   ↓
『断面が多角形だとなぜ転がりにくいのか?』
   ↓
 断面の中心から外周までの距離が異なるから
   ↓
『なぜ、中心から外周までの距離が異なると、
 転がりにくくなるのか?』
   ↓
 転がる際に、重心の高さが変わって、
 水平方向に移動する運動エネルギーが、
 垂直方向に移動する運動エネルギーに変換されて
 消費されるから。


断面が多角形だから、
という結論でとまっていた場合、

請求項は、
「断面が多角形の鉛筆。」

となります。


断面の中心から外周までの距離が異なるから、
という結論の場合、

請求項が、
「中心から外周までの距離が異なる形状の
 断面を有する、鉛筆。」

といったような感じになります。

この場合、断面が多角形以外のもの、
例えば、断面が楕円形のものも含まれます。


楕円形の鉛筆について、
商業的に需要があるかどうかは別として、

なぜ?なぜ?と
転がりにくい原因を追求することで、

発明の本質に近づきますし、
権利範囲もより広がります。 


六角形の鉛筆が転がりにくい理由として、

転がる際に重心の高さが変わる、
という結論にいたった場合には、

請求項が、、、


すみません。
大変そうなので、割愛させてください(笑)。



このように、「なぜを5回繰り返す」ことで、

発明の本質的な要素を探りあてることが
できるのではないかと思います。




|◆今日のポイント◆
└───────────────────

 ☆発明を捉える際には、「なぜを繰り返す」。

 ☆「なぜを繰り返す」ことで、
  発明の本質的な要素を捉えた請求項を
  記載することができるのではないか。
  
 ☆結果として、より広い権利範囲の
  請求項を記載することができる。


今回のメルマガは以上となります。

------------------------------------------------------------------------

ご職場の方やご友人にも、教えてあげてください。
 ⇒  http://www.mag2.com/m/0001132212.html

------------------------------------------------------------------------

<お知らせ>

 審査の結果、拒絶理由通知や拒絶査定が届いたけど、
 どうしても特許にしたいのに、非常に厳しい、

 もし、そのようなことがありましたら、
 弊所での中途受任について、ご検討ください。


 弊所は、拒絶理由通知への対応を得意としており、
 
 これまでも、非常に厳しいと思われる出願について、
 特許査定や特許審決を得ることができております。


 もちろん、権利範囲をできるかぎり狭めずに、

 貴社が特許化したいとご希望される請求項で、
 対応させていただきます。


 ただし、これまでも20件に1件は、
 どうしても特許にすることができない出願がありました。

 そこで、成功報酬型とさせていただくことで、
 (特許印紙代についてはご負担いただきます)

 費用面での貴社のリスクを最小限にさせていただきます。

 
 詳しくは、ml@lhpat.com 宛てにお問い合わせください。


------------------------------------------------------------------------
■当メールマガジンについて

※当メールマガジンは、私個人の特許に対する考え方や
 ノウハウをお伝えするものであり、ご紹介する内容の
 すべてが絶対的に正しいとは、考えておりません。

 予めご了承いただいたうえで、お読みください。

■メールマガジン「役に立つ特許実務者マニュアル」は
 著作権により保護されています。

------------------------------------------------------------------------

□メルマガ名:【特許実務者マニュアル】
□発行元  : 特許業務法人 ライトハウス国際特許事務所
□執筆/編集 : 田村良介
□URL    : 【特許http://www.lhpat.com
    【商標http://www.lhpat-tm.com
□E-mail  : ml@lhpat.com
□解除ページ: http://www.mag2.com/m/0001132212.html
 ※今後、当メールマガジンの配信が不要な場合は、大変お手数ではございますが、
  上記のURLより登録の解除をお願いいたします。

------------------------------------------------------------------------
Copyright (c) 2016 Ryosuke Tamura All rights reserved



スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,377コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク