スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > スマホがマイナンバーカード用のICカードリーダーになる

コラムの泉

スマホがマイナンバーカード用のICカードリーダーになる

カテゴリ
労務管理  >  労働基準法
最終更新日
2017年02月28日 14:14
著者
社会保険労務士 山口正博事務所 さん
ポイント
5,861,418ポイント
ポイントランキング100







2017年2月25日号 (no. 968)
3分労働ぷちコラム バックナンバーはこちら
http://www.soumunomori.com/profile/uid-20903/





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
---3分労働ぷちコラム---
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□




本日のテーマ【スマホがマイナンバーカード用のICカードリーダーになる】
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


■ICカードリーダーが不要になる。


ICチップを搭載したカードを読み取るには、専用のカードリーダーが必要なのですが、マイナンバーカードがカードリーダー無しでも認証できるようになりました。


PCのUSBに挿し込む妙竹林な機械を使って、カードを読み取って、ナンジャカンジャとするのが当たり前になっているのが今の現状。


新しい方法では、スマホに搭載されたNFC機能を利用して、スマホ本体をICカードリーダーのように使えるようになったのです。

( --- 引用開始 --- )
平成29年1月よりスマートフォンのリーダライタモードを使い、ICカードリーダライタの代わりにパソコンに接続して公的個人認証サービスを利用することが可能となりました。
( --- 引用終了 --- )

https://www.jpki.go.jp/prepare/reader_writer.html
ICカードリーダライタのご用意 : 公的個人認証サービス ポータルサイト




確かに、Android OSを搭載したスマホには以前からおサイフケータイ機能が搭載されていますし、電子マネーの残高を調べるアプリもあります。そのため、スマホをICカードリーダーとして使える可能性は以前からあったのですね。


スマホならば、普段から使っているし、カードリーダー用途でしか使えない専用機よりはスマホの方が汎用性が高い。カードリーダーだと、年に1回もしくは数回程度しか利用せず、使わないときは棚や引き出しの中で眠ってしまいます。それだと何だかもったいない感じですよね。


専用のリーダーを使うことなく、スマホのNFCで代用できるならば利用者にとっては嬉しい限り。


ICカードリーダーには、動作環境によって動くものと動かないものがあり、また機種ごとに使えるものと使えないものも違っていたりします。Windows OSでは使えるが、Mac OSでは使えないとか。利用者を悩ませる点があるのです。


スマホならば、もしマイナンバーカードに対応できなくても、他の用途で使えますから、ICカードリーダーのように「買ったのに、使えなくて損した」なんてことにはなりません。



まず、『利用者クライアント』アプリをスマホにインストールして、パソコンとスマホをBluetoothでペアリングする。その後、アプリを起動させ、スマホの上にマイナンバーカードを置くと認証できるという流れです。


https://www.jpki.go.jp/download/pdf/startupguide.pdf
スマートフォンdeマイナンバーカードアクセス!!






■iPhoneでも使えるの?


「じゃあ、iPhoneでも使えるの?」と思うところですが、2017年2月時点ではまだ未対応です。

iPhone7からおサイフケータイに対応しましたし、いずれ対応できるようになるでしょう。


2017年2月時点では、


AQUOS EVER SH-02J SH-02J
AQUOS U SHV37 SHV37
arrows F-01J


マイナンバーカードに対応しているのはこの3機種だけです。


使っている人はどれぐらいいるのか、、、。


https://www.jpki.go.jp/prepare/pdf/nfclist.pdf
マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧



とはいえ、2016年の11月頃から始まったばかりなので、まだ対応機種が少ないのは仕方ない。

スマートフォン向けの対応基準が作られたのが2016年11月ですし、まだまだ始まったばかりですので、3機種だけというのも仕方ないところ。


ちなみに、ソニー製のiPhone用ICカードリーダーが販売されており、Bluetoothで接続し、iPhoneでもICカードを読めるようにはなっています。しかし、マイナンバーカードには対応しておらず、あと一歩というところですね。


https://www.jpki.go.jp/prepare/pdf/num_rwlist11.pdf
マイナンバーカードに対応したICカードリーダー(2016年12月12日 時点)


MacユーザーにはNTTコミュニケーションズのICカードリーダーがオススメです。よく知られており、Amazonでも取り扱いがあります。さらにレビューも多く安心感があるのが良いですね。詳しくはAmazonで検索してみてください。


また、NTTコミュニケーションズのカードリーダーは、Windows PCとも共用できるのも良いところ。MacでもWindowsでも使えて汎用性が高いのです。





┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


メールマガジン【本では読めない労務管理の"ミソ"】のご紹介


内容の一例・・・
『定額残業代残業代は減らせるのか』
『15分未満の勤務時間は切り捨て?』
『4週4日以外の変形休日制度もある』
『長時間残業を減らす方法は2つある』
『管理職は週休3日が理想』
『日曜日=法定休日と思い込んではいけない』
半日有給休暇半日欠勤の組み合わせはダメ?』
『寸志は賃金or贈り物?』
『ケータイは仕事道具か遊び道具か』

など、その他盛りだくさんのテーマでお送りしています。

本に書いていそうなんだけど、書いていない。
そんな内容が満載。



【本では読めない労務管理の"ミソ"】
▽    ▽   <登録はこちら>    ▽    ▽
http://www.growthwk.com/entry/2008/05/26/125405?utm_source=soumu&utm_medium=cm&utm_campaign=soumu_cm_common_20170225_1




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

合格率0.07%を通り抜けた大学生。


今、私はこうやって社労士という職業で仕事をしているわけですが、子供の頃からなりたかった職業というわけではなくて、大学生の頃に遭遇したきっかけが始まりです。

子供の頃になりたい職業というと、男の子ならば、警察官やスポーツ選手、パイロットというのが良くあるもの。女の子だと、スチュワーデス(今はキャビンアテンダント)、花屋さん、ケーキ屋さん、保育園の先生とか。そういう社会的に広く認知されたものが選ばれるので、小学生や中学生が社労士になりたいなんてことはゼロではないのでしょうが、極めて稀でしょう。

私が社労士試験に合格したのは大学4年のときで、いわゆる「現役合格」です。けれども、3年の時に一度不合格になって、ヘコんだんです。「たかが社労士試験ごときにオチたのか」って。だって、簡単そうなイメージがするでしょ、社労士なんて。チョチョッと勉強すれば、スルッと合格できるだろう。そう思っている人も少なくないはず。

「よく知られている資格 = 難しい」、「あまり知られていない資格 = 難しくない」。こういう判断基準があって、社労士は後者に該当するため、難しくないだろうと思われてしまうわけです。

私もそうやってナメていたクチですから、不合格になったんです。

実際は、想像しているよりも難易度は高くて、大学生の頃に約1年ほど時間を投じて、やっとこさ合格したのが本当のところ。


どうすると不合格になるか。どんなテキストや問題集を使えばいいか。問題集の使い方。スマホをどうやって社労士試験対策に活用するか、などなど。学生の頃の視点で書いています。

社労士試験というと、社会人の受験者が多いですから、学生の人の経験談が少ないんですよね。だから、私の経験が学生の人に役立つんじゃないかと思います。

とはいえ、学生の人が社労士に興味を持つというのはやはりレアで、何らかのきっかけが無ければ出会えないでしょうね。ただ、珍しいといっても、毎年、1割弱ほどは学生の受験者がいるので、受験者の総数を5万人と仮定すると、その1割弱なら3,000人から4,000人ぐらいは学生がいます。

そういう方の役に立つならば、私の経験も使っていただきたいですね。


http://www.growthwk.com/entry/2017/02/28/121910?utm_source=soumu&utm_medium=cm&utm_campaign=soumu_cm_common_20170225_2
大学生が独学で社労士試験に合格する方法: 合格率0.07%の軌跡




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

残業で悩んでいませんか?

「長時間の残業が続いている」
残業代の支払いが多い」
「残業が減らない」

こういう悩み、よくありますよね。

ニュースでも未払い残業代の話題がチラホラと出てくるぐらい、残業に対する関心は高くなっています。

法律では、1日に8時間まで、1週間では40時間までしか仕事ができません。その水準を超えてしまうと、残業となり、割増賃金が必要になります。

とはいえ、1日で8時間と固定されていると不便だと感じませんか? 1週間で40時間と固定されていると不便だと感じませんか?


毎日8時間の時間制限があると、柔軟に勤務時間を配分できませんよね。

例えば、月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、平均して8時間勤務というわけにはいかない。

仕事に合わせて、ある日は勤務時間を短く、ある日は勤務時間を長くできれば、便利ですよね。

でも、実は、「月曜日は6時間の勤務にする代わりに、土曜日を10時間勤務にして、平均して8時間勤務なので、残業は無し」こんなことができる仕組みがあるんです。

「えっ!? そんな仕組みがあるの?」と思った方は、ぜひ『残業管理のアメと罠』を読んでみてください。


『残業管理のアメと罠』
http://www.growthwk.com/entry/2012/05/22/162343?utm_source=soumu&utm_medium=cm&utm_campaign=soumu_cm_common_20170225_3




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


カードを使わないタイムカード Clockperiod のご紹介です。


タイムカードを使うときに負担なのは、専用の打刻機を用意しなければいけないし、
新しい紙のカードを毎月作らないといけない。さらに、カードを見ながら、電卓や
表計算ソフトで勤務時間を集計しないといけない。

しかも、給与の締め日から支給日までの短期間で集計作業をしないといけないので、
作業する人にとっては勤務時間の集計は悩みのタネですよね。

そんな悩みをどうやって解決するか。

そこで、電子タイムカードの Clockperiod が登場です。


Clockperiod は、紙のカードと打刻機を使わない電子タイムカードですから、
打刻機を用意しなくても勤務時間を記録できますし、給与計算のためにカードを
集める必要はありません。さらに、毎月、新しい紙のカードに社員全員の名前を
書いてカードストッカーに入れることもなくなります。


始業や終業、時間外勤務休日勤務の出勤時間を自動的に集計できれば勤怠集計
の作業は随分とラクになるはず。

Clockperiodは、出退勤の時刻をタイムカード無しで記録できます。タイムカード
出勤簿勤務時間を管理している企業にオススメです。
さらに、タイムカードのコピーをメールで送信して社員ごとに保存することができ
ますので、個人別に毎月の勤務記録を取り置くことができます。
また、勤務記録の改ざんや不正な打刻を把握できるログ機能もあります。

▽    ▽   < Clockperiodの利用はこちら >    ▽    ▽
https://www.clockperiod.com/Features?utm_source=soumu&utm_medium=cm&utm_campaign=soumu_cm_clockperiod_common_20170225_4





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□





┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Copyright(c) 社会保険労務士 山口正博事務所 All rights reserved

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┃■山口社会保険労務士事務所 
http://www.growthwk.com?utm_source=soumu&utm_medium=cm&utm_campaign=soumu_cm_common_20170225_5

┃■ブログ
http://blog.ymsro.com/?utm_source=soumu&utm_medium=cm&utm_campaign=soumu_cm_common_20170225_6

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,792コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

お知らせ

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク