スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 中小企業と働き方改革

コラムの泉

中小企業と働き方改革

カテゴリ
労務管理  >  全般
最終更新日
2017年03月16日 13:38
著者
社会保険労務士 山本法史 さん
ポイント
1,400,185ポイント
ポイントランキング100

平成29年3月15日 第162号
───────────────────────────────────
人事のブレーン社会保険労務士レポート
───────────────────────────────────
企業の実践的な残業対策だけではなく、経営実務の入門書としても好評を頂いている
山本法史の著書「社長!残業手当の悩みこれで解決」絶賛発売中!!
是非ともお読み下さい!!
http://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E9%95%B7-%E6%AE%8B%E6%A5%AD%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A7%E8%A7%A3%E6%B1%BA-%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9F%A5%E8%AD%9834-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%B3%95%E5%8F%B2/dp/4774513717/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1347275203&sr=8-1

アルバイト情報誌「an」のサイトanreport「プロに聞け」で「適正
な人件費の管理方法」についての取材記事が公開されました。
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/pro/20120507.html

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

ブログ「人事のブレーン社会保険労務士日記」
http://ameblo.jp/y-norifumi/
アメーバに移りました!!

旧ブログは残っています。
http://norifumi.cocolog-nifty.com/blog/
是非見てみて下さい!

Twirrer
http://twitter.com/yamamoto_roumu

facebook
http://www.facebook.com/yamamotoroumu


***********************************

中小企業と働き方改革

***********************************

1.はじめに
生産人口が減少する中で、大手企業が賃上げをしており中小企業にとって人材
の確保は事業を継続するうえで何としてでもしなければならない重要課題です。
人材不足の中、いい人材を採用するためにはどのようにしたらいいのか。

また政府は年間平均残業時間が60時間以下となるように規制を設ける方向で
議論を進めています。
人材豊富で資金力のある企業であれば残業規制を達成することはできるでしょ
う。
しかし人材不足の中小企業や小売り、外食、運送業などの業種ではこの残業規
制は非常に頭の痛い問題です。
ヤマト運輸の問題を機に、運送業でも顧客のニーズにどこまで対応するかとい
う議論が起きています。
運送業の労働条件を向上させるためには、顧客である消費者が「不便」につい
て納得をしなければできません。
何が言いたいかというと、労働条件を改善するためには一企業の努力では無理
であり、消費者がその為に生じる「不便」をどこまで受け入れるのか。
その不便を前提とした社会の構築が必要になっています。
また製造業をはじめとするBtoBの業界でも、納期の設定を残業規制に配慮
したものにしなければ残業規制を乗り越えることが出来ません。
 労働基準監督官の数が不足しており、働き方改革を実効あるものとするため
に、労働監督行政の一部民間委託という議論も出ています。
 私は社会保険労務士として労働基準行政を強化したところで、政府の目指す
働き方改革が達成できるとは思えません。

 働き方改革は「仕事の任せ方」改革であり、消費者にとっては「どこまで不
便を受け入れるのか」という意識改革なのです。

 この2点を解決しないまま働き方改革を行えば、資力のない中小企業は生き
ていけません。その理由を次でお話いたします。
 
2.働き方改革と格差助長
 前でお話ししたとおり、働き方改革は「仕事の任せ方改革」と「どこまで不
便を受け入れるか」という意識改革が行われて初めて実現できるのです。
 この2点がなければ、企業間の格差が助長され、ひいては労働者間の格差を
深刻なものとするでしょう。
残業規制を守ることが出来、労働者の働きやすい環境を作ることが出来る企業
は人材不足ではできません。仕事を発注する企業や外注化できる資力のある企
業で働く労働者労働条件は向上します。
 しかし、仕事の依頼を受ける企業、いわゆる下請け企業はそれができません。
人材不足の解消が進まず、今の仕事の発注の方法では労働条件の向上は困難で
す。
消費者の意識が変わらなければ、どこかでそのニーズを満たすために誰かが努
力をする必要があります。
 この努力をするのが下請け企業になってくるのです。
このような理由で「発注者である企業」と「下請け企業」の労働条件の格差が
開いていき、中小企業の人材不足を解決することは非常にハードルが高い問題
になってくるのです。

3.残業規制と労働者の年収
 厳しい環境の中、必死に法律を守っている会社はたくさんいます。
運送業では月間の拘束時間が293時間とされています。拘束時間とは労働時間
休憩時間の合計です。運送業ではこの拘束時間で残業規制を行っています。
この293時間を守っている企業に何が起きているのか。

 「人材の流出」です。

293時間しか拘束時間がないのであれば稼げない。だからもっと働ける企業に転
職する。
このようなことが起きているのです。
 残業規制でもう一つ必要な点は、残業をしなくても労働者の収入が保証され
ること。
人材不足で悩んでいる中、稼げないという理由で転職されると経営が成り立た
なくなります。
 これは293時間の拘束時間でも生活できる賃金額が払える料金設定にしな
ければなりません。
 これを行わなければ働き方改革は中小企業ではできないということになりま
す。

4.「不便」をどこまで受け入れるのか
私は政府の進める働き方改革に反対をしているわけではありません。
しかし上記3点を取り組んだ後に、着地点である「残業規制」があるのです。
労働基準行政の充実よりも、企業間取引における「残業規制のための取り組み」
を監視する仕組みを作らなければなりません。
 中小企業の社長は努力をしていないという誤ったメッセージを発信する結果と
なってしまっていることが残念です。
 残業規制をすればスーパーの閉店時間も早くなりますし、定休日も設けざるを
得ないかもしれません。
 女性の社会進出を進めていく中でスーパーが早く閉まっていては買い物できま
せん。
「スーパーが閉まっているなら宅配で」と考えても、ヤマト運輸の問題を機に再
配達について見直しの機運が高まっています。
 便利な社会というのは「誰かが頑張っている」から成り立つのです。
残業規制の議論は「どこまで不便を受け入れるのか」という議論と合わせてしな
ければなりません。
国会でこの議論を真剣にしてもらいたいのですが、残念ながら大阪の小学校の許
認可の議論ばかり。
 働き方改革については、その実現の時間軸を伸ばして、その為に我々消費者は
「どこまで不便を受け入れるのか」。
 発注者である企業に対しても「どのような任せ方をすればいいのか」を議論し
なければただの中小企業いじめになってしまいます。
 読者も皆様もぜひともこのような視点で働き方改革の議論をみていただきたい
と思います。



===================================
※ 掲載内容の無断転載は禁止させていただきます。ご一報下さい。
※ 本メルマガの内容につきましては万全を期しておりますが、万一損害が
  発生致しましても責任を負いかねます。
※ メルマガ相互紹介募集中です。

発行者 社会保険労務士法人山本労務
 オフィシャルサイト http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/yamamotoroumu

編集責任者 特定社会保険労務士 山本 法史
ご意見ご感想はこちらまで(メルマガ相互紹介、転載等お問い合わせもこちらまで)
norifumi@yamamoto-roumu.co.jp

購読中止・変更 http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com/   ID 0000121960
===================================
             ~我々は相談業である~
        ~我々の商品はお客様への安心感の提供である~
             社会保険労務士法人山本労務
東京都八王子市元横山町2丁目5番6号 tel 042-643-5830(代)
  社会保険労務士9名(うち特定社会保険労務士5名)
合計23名のスタッフで皆様をサポート致します!!
           人事のことなら何でもお任せ下さい!

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168


===================================



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,989コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク