スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 労働安全衛生規則改正による産業医に関する規定について

コラムの泉

労働安全衛生規則改正による産業医に関する規定について

カテゴリ
労務管理  >  労働安全衛生
最終更新日
2017年04月17日 16:33
著者
社会保険労務士 山本法史 さん
ポイント
1,437,429ポイント
ポイントランキング100

平成29年4月15日 第163号
───────────────────────────────────
人事のブレーン社会保険労務士レポート
───────────────────────────────────
企業の実践的な残業対策だけではなく、経営実務の入門書としても好評を頂いている
山本法史の著書「社長!残業手当の悩みこれで解決」絶賛発売中!!
是非ともお読み下さい!!
http://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E9%95%B7-%E6%AE%8B%E6%A5%AD%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A7%E8%A7%A3%E6%B1%BA-%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9F%A5%E8%AD%9834-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%B3%95%E5%8F%B2/dp/4774513717/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1347275203&sr=8-1

アルバイト情報誌「an」のサイトanreport「プロに聞け」で「適正
な人件費の管理方法」についての取材記事が公開されました。
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/pro/20120507.html

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

ブログ「人事のブレーン社会保険労務士日記」
http://ameblo.jp/y-norifumi/
アメーバに移りました!!

旧ブログは残っています。
http://norifumi.cocolog-nifty.com/blog/
是非見てみて下さい!

Twirrer
http://twitter.com/yamamoto_roumu

facebook
http://www.facebook.com/yamamotoroumu


***********************************

労働安全衛生規則改正による産業医に関する規定について

***********************************

1.はじめに

過重労働に注目が集まり、働き方改革による残業の上限規制も議論されていま
す。
そのような中で労働安全衛生法による産業医が、過重労働や高ストレス状態の
労働者の健康を確保するために、実効性のある制度にしていこうという目的で
改正が行われました。

細かい改正点ですが、形骸化している産業医制度を実効性のあるものにしてい
こうとしており、事業者産業医のコミュニケーションを充実させていく内容
となっています。
実務的には重要になってきますので以下で詳しくお話しします。
平成29年6月より施行されます。

2.産業医の職場巡視

現行法では産業医は「月に一回職場巡視をしなさい」とされています。
そして「作業方法または衛生状態に有害のおそれがあるときは、直ちに労働者
の健康障害を防止するための必要な措置を講じなければならない」とされてい
ます。
しかしこの月一回の職場巡視が行われておらず、産業医制度の形骸化につなが
っていました。
職場巡視以外でも情報収集が出来ているという前提で、この職場巡視の頻度を
減らす改正が行われました。

これで形骸化されている制度が実効性を担保できるのかは疑問ですが、一定の
条件を満たせば職場巡視を「月に一回」から「二ヶ月に一回」に軽減できると
いうことです。

この軽減できる前提条件とは以下の通りです。
衛生管理者が少なくとも毎週一回行う作業場等の巡視の結果」と「衛生委員
会等の調査審議を経て事業者産業医に提供する事としたもの」として「長時
労働者に対する面接指導の基準に該当する労働者及びその労働時間数」が毎
月1回産業医に情報提供されており、事業者が2カ月に一回の産業医の職場巡
視に関して同意した場合には軽減できるとなりました。

うちは産業医にお金を払っているんだから、しっかり月に一回は巡視してもら
うとすれば情報提供をしていても軽減できません。要は産業医の意思だけでは
軽減できず、事業者の同意が必要であるということです。

3.健康診断結果個人票に産業医の意見をもらう際の情報提供
 健康診断の結果、異常の所見があると診断された労働者について、当該労働
者の健康保持に必要な措置について、医師等からの意見を聴取するとされてい
ます。
 この際に、事業者の状況や労働者の作業環境、作業方法などを産業医が十分
に理解していなければ適切な指導が行えません。
 職場巡視等でこの様な方法を産業医が理解しているという前提でしたが、今
回の改正でこれらの情報を産業医が求めた場合には、その産業医に情報提供す
る事となりました。
事業者は、各種健康診断有所見者について医師等が就業上の措置等に関す
る意見具申を行ううえで必要となる労働者の業務に関する情報を当該医師等か
ら求められたときは、速やかにこれを提供しなければならない」となったので
す。
これも職場巡視が形骸化しているという前提で、実効性を担保しようという措
置であろうと思います。

4.長時間労働者に関する情報の産業医への提供
 残業時間が100時間を超え、疲労の蓄積が認められる労働者が申し出た場
合は医師の面接指導を受けさせなければならず、その面接指導により労働者
就業等に関して医師から意見を聞かなければなりません。
医師の意見を勘案して、事業者が必要と認めるときは、当該労働者の実情を考
慮して就業場所の変更、作業の転換、労働時間の短縮、深夜業の回数の減少等
の措置を講じなければならないとされています。
 この面接指導については労働者の申し出が要件になっており、実際にはあま
り行われておりません。
 そこで残業時間が100時間を超えた労働者について産業医にその労働者
情報を提供させることにより、産業医がその職務を通じて意見を述べられる機
会が出来ることとなります。
 これにより面接指導の実効性を確保しようという主旨であると思います。

5.まとめ
 働き方改革により色々と企業が求められる様になるでしょう。
その中で労働者の健康管理に関する事項は36協定特別条項を設けている企
業にとっては負担が増えるものと予想されます。
 形骸化している産業医制度を改善し、実効性のあるものとなるように、今回
の改正が行われたと考えます。
 産業医の形骸化は企業側の問題というより、医師のモチベーションが低いと
いうことが原因であります。
 今回の改正点でこの問題が解決するとは思えませんが、少なくとも企業実務
においては「産業医に提供する情報」が適切に提供されているのかが問われて
きます。
 改正点をしっかりと実務に活かして欲しいと思います。


===================================
※ 掲載内容の無断転載は禁止させていただきます。ご一報下さい。
※ 本メルマガの内容につきましては万全を期しておりますが、万一損害が
  発生致しましても責任を負いかねます。
※ メルマガ相互紹介募集中です。

発行者 社会保険労務士法人山本労務
 オフィシャルサイト http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/yamamotoroumu

編集責任者 特定社会保険労務士 山本 法史
ご意見ご感想はこちらまで(メルマガ相互紹介、転載等お問い合わせもこちらまで)
norifumi@yamamoto-roumu.co.jp

購読中止・変更 http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com/   ID 0000121960
===================================
             ~我々は相談業である~
        ~我々の商品はお客様への安心感の提供である~
             社会保険労務士法人山本労務
東京都八王子市元横山町2丁目5番6号 tel 042-643-5830(代)
  社会保険労務士9名(うち特定社会保険労務士5名)
合計23名のスタッフで皆様をサポート致します!!
           人事のことなら何でもお任せ下さい!

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168


===================================



スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,207コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク