スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 登録第5897057号

コラムの泉

登録第5897057号

カテゴリ
企業法務  >  知的財産権
最終更新日
2017年04月19日 12:12
著者
明立特許事務所 さん
ポイント
346,783ポイント
ポイントランキング100

------------------------------------------------------------
□■□【真似とは言わせない!ネーミングのツボ】□■□
■□                     
□                       4月18日号
------------------------------------------------------------

 弁理士 深澤です。

------------------------------------------------------------
★このメルマガの目的♪
------------------------------------------------------------

 このメルマガでは、商標の審判・裁判事例等を通して、

○どんな商標が類似といわれたのか
○識別力のある商標とはどんなものなのか

 といったことから、ネーミングを考える際のツボを明らかにして
いきます。

(配信中止はこちらまでhttp://www.mag2.com/m/0000241197.html)

 それでは、今週も始めます。

------------------------------------------------------------
★今回の事例♪
------------------------------------------------------------

 今回取り上げるのは、

○登録第5897057号:

 「Asobii」の欧文字と「アソビー」の片仮名とを,いずれも
同じ大きさ,同じ書体をもって二段に書してなる構成

 指定商品・役務は、第28類の「おもちゃ,人形,運動用具」です。

 ところが、この商標は、

 登録第5689940号:「ASOBi KIDS」

 と類似する、とされて一旦は登録が認められませんでした。


------------------------------------------------------------
★判断の分かれ目♪
------------------------------------------------------------

 そこで、登録が認められないのはおかしい、として拒絶査定不服
の審判(不服2016-007301号)が請求されました。

 では、審判でどんなやりとりがあったか紹介します。

 まず、この商標

「下段の「アソビー」の片仮名が上段の「Asobii」の欧文字
の読みを特定したものと理解し得るものである。また,両文字は
いずれも辞書等に記載のみられない語であるから,直ちに特定の
観念を生じない一種の造語として認識されるというのが相当である。」

 そうすると,

「その構成文字に相応して「アソビー」の称呼を生じ,特定の観念
を生じないものである。」

 一方、引用商標は、

「前半の「ASOBi」の欧文字部分は,辞書等に記載のみられ
ない語であるから,特定の観念を生じない一種の造語として認識
されるものであるのに対し,」

「後半の「KIDS」の欧文字部分は,「子ども達」等の意味を
有する英語として,我が国において慣れ親しまれたものであって,
引用商標の指定商品を取り扱う業界においては,子ども用の商品を
表す語として使用されていることから,自他商品の識別力がないか
弱い部分であるとみるのが相当であるから,該文字部分のみからは,
商品の出所識別標識としての称呼を生じないものと認められる。」

 してみれば,

「その構成文字全体に相応して「アソビキッズ」の称呼を生じ,
「ASOBi」の文字部分に相応して「アソビ」の称呼をも生じる
ものであり,いずれの構成からも特定の観念を生じないものとみる
のが相当である。」

 そこで、両者を対比すると、

本願商標は,欧文字及び片仮名を二段に書してなるのに対し,
引用商標及びその要部である「ASOBi」の欧文字部分は,
欧文字を標準文字により表してなるものであるから,それぞれの
構成態様が相違し,外観において明らかに異なるものである。」

 次に,称呼においては,

本願商標から生じる「アソビー」の称呼と,引用商標全体から
生じる「アソビキッズ」の称呼とは,前者が4音,後者が6音で
あって,その構成音数が相違するほか,「キッズ」の音の有無と
いう明白な差異を有することから,それぞれ,明確に区別し得る
ものである。」

 また,

本願商標から生じる「アソビー」の称呼と,引用商標の「ASOBi」
の欧文字部分から生じる「アソビ」の称呼とは,語尾における
長音の有無に差異を有するところ,両者は3音ないし4音という,
いずれも比較的短い音構成からなるものであるから,上記の差異音が
称呼全体に与える影響は決して小さいものとはいえず,それぞれを
称呼するときは,語調,語感が相違し,互いに聞き誤る
おそれはないというべきである。」

 さらに,観念については,

「「ASOBi」の欧文字部分からは,共に特定の観念を生じない
ものであるから,両商標は,観念において比較することができず,
類似するとはいえないものである。」

 してみれば,

「称呼において聞き誤るおそれはなく,外観においても明確に区別
でき,観念においても紛れるおそれはないことから,外観,称呼
及び観念によって取引者,需要者に与える印象,記憶,連想等に
より総合的に判断すると,両商標は,それぞれ,商品の出所に
ついて混同を生ずるおそれのない非類似の商標である。」

 とされました。


------------------------------------------------------------
★事例からわかったネーミングのツボ♪
------------------------------------------------------------

 今回は、称呼の一部が共通する場合の類似が問題となりました。

 一部が共通していても、全体が短い音構成であれば、非類似と
なる場合があります。

 少しでも違う音を含ませることが真似とは言わせないツボになります。 

------------------------------------------------------------
 お役に立ちましたでしょうか?

 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

************************************************************
真似とは言わせない!ネーミングのツボ(毎週火曜日発行)

ご質問・ご感想お待ちしております!

  編集・発行 深澤 潔
  http://brand-service.biz/

 各種商品・サービスのネーミング、会社ロゴ等の商標登録関連
を扱っております
************************************************************



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,930コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク