スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 年間の資金計画概要を立てる

コラムの泉

年間の資金計画概要を立てる

カテゴリ
税務経理  >  全般
最終更新日
2017年05月15日 12:58
著者
東京メトロポリタン税理士法人 さん
ポイント
1,581,844ポイント
ポイントランキング100

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2017/05/15(第706号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで強い会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップするには、まずは会計から変えよう!”
■■        http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
 税理士の北岡修一です。

 先週号は、何かTOPの日付・号数を間違えていたみたいですね。
 GWボケがあったのでしょうか...(笑)。

 今週はもうGW明け2週目、超繁忙期、気を入れていかないと
 いけないですね!

 ということで、本日も「実践!社長の財務」よろしくお願いい
 たします。 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  年間の資金計画概要を立てる
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●日本で最も多い3月決算の会社は、現在、決算や申告、監査の
 真っ最中かと思います。

 私ども会計事務所、税理士法人も最も業務が集中する時期です。

 とは言え、決算ばかりではありません。

 当然、新年度が始まっていますので、そちらの計画を立て、既
 にスタートダッシュの4月の結果も出ているところでしょう。


●毎期、経営計画、特に利益計画を立てるのは、もちろんですが、
 当然、それに連動した資金計画を立てなければなりません。

 利益計画は馴染みやすいのでわかるけど、資金計画というのは
 ちょっとわかりづらいなあ、という経営者の方は多いと思いま
 す。
 利益と資金の動きは、かなり違いますからね。

 利益が多く見込めるからといって、資金も安泰、ということは
 ありません。むしろ、成長する時ほど苦しいものです。


●資金計画については、まずは年間の概要を捉えていただきたい
 と思います。

 そのスタートは、税引後利益です。
 税金を払った残りでいくら利益が出るのか、そこをスタートに
 します。

 簡易な資金計画では、それに資金の流出が伴っていない経費
 ある減価償却費を足します。

 税引後利益+減価償却費 が当期の稼ぎ(利益計画)から生み
 出される予定の資金です。

 たとえば、税引後利益10億円、減価償却費3億円の計画としま
 す。
 そうすると、当期の利益からの資金は、13億円調達することが
 できます。


●そこから、まずは前期の利益に対する株主配当金を引きます。
 たとえば、これを2億円とします。

 そうすると、13億円-2億円で、資金は11億円となります。

 さらに、当期の設備投資予定額を引きます。

 設備投資は、資産に計上されますので、上記の利益からは引か
 れていないからです。
 これをたとえば、5億円とします。

 そうなると、資金は11億円-5億円で、6億円となります。


●まだ、引くものがあります。
 それは、借入金の返済額(元金部分)です。

 借入金の元金返済額は、支払っても経費にはなりませんので、
 利益から引かれていません。

 たとえばこれを、年間8億円とします。

 そうすると、資金は6億円-8億円で、2億円不足することに
 なります。

 その他に、子会社への増資で2億円予定しているとすると、
 合計4億円不足する、ということになりますね。


●もちろん期首には、現預金もあるでしょうから、それを使うと
 いう手もありますが、手元の現預金をそう減らすわけにはいき
 ません。

 むしろ、業容が大きくなれば手元資金も増やしておいた方がよ
 いでしょう。

 そこで、当期資金の不足分4億円+手元の余裕資金として2億
 円見ておきますと、合計6億円の資金調達が今期は必要になる、
 ということになります。


●以上をまとめると次のようになります。

 ・税引後利益   10億円
 ・減価償却費  +3億円
  ────────────
   調達合計   13億円
 ・支払配当金  ▲2億円
 ・設備投資額  ▲5億円
 ・借入金返済  ▲8億円
 ・子会社増資  ▲2億円
  ────────────
   差引不足額 ▲4億円
 ・借入計画額  +6億円
  ────────────
   資金増加額 +2億円


 資金計画は、概要でまずはこのように大きく捉えて、その上で
 詳細に計画、実行していくことが大事ではないでしょうか?


━━【弊社セミナーのご案内】━━━━━━━━━━━━━━━━

■「事業承継&自社株対策」セミナー
   講師:税理士 北岡 修一
   http://www.tm-tax.com/seminar/
──────────────────────────────

 平成29年度税制改正により、本年度から自社株評価が変わって
 います。
 場合によっては、皆様の会社の「株価」も大きく変わるかも知れ
 ません。さらには、事業承継税制も使いやすくなってきました。

 そこで、自社株に関するあらゆる悩みをお持ちの方を対象に、
 事業承継&自社株対策セミナーを、4月に引き続き開催すること
 にしました。

 4月セミナーにても、大変わかりやすかった、とご好評をいただ
 きましたので、是非、4月に来れなかった皆様にもいらしていた
 だければと思います。

 詳しくは、下記の弊社サイトをご覧ください。
  → http://www.tm-tax.com/seminar/

 ●日時:平成29年6月8日(木)
      受付開始/14:00
      セミナー/14:30~16:30
      個別相談/16:00~ または当日予約受付
 ●会場:ホテルローズガーデン新宿 別館2Fローズルーム
      丸の内線「西新宿駅」1番出口1分
      http://www.hotel-rosegarden.jp/access/
 ●参加費:3,000円(東京メトロポリタン相続クラブ会員は無料)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念』を追求することにより、中小企業の成長発展に
 貢献する。

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの
  中小企業が、「強い会社」・「儲かる会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
  お気軽にメールください。必ず返信します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【編集】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )       ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>  
 
 毎月毎月、本当に早いものです。明日は月1回やっている弊社
 主催のビジネス交流会です。いわゆる異業種交流会ですが、
 40名から50名くらいでやっています。今月は間にGWが入って
 しまったのと、忙しさにかまけてなかなか集客ができていない、
 もう明日だ...という感じですね(笑)。
 果たして明日は何人来てくれるのか、ちょっと心配です。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,207コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク