スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 三次会なのにセクハラで訴えられた!?【経営者向け】

コラムの泉

三次会なのにセクハラで訴えられた!?【経営者向け】

カテゴリ
労務管理  >  全般  /  労働基準法  /  労働安全衛生
最終更新日
2017年08月09日 12:00
著者
Office CPSR 臨床心理士・社労士事務所 さん
ポイント
398,474ポイント
ポイントランキング100

研修でよく見られる光景

社員研修、特にハラスメント研修をしているときによく出る質問として
「飲み会も職場なんですか? 何次会までが職場になるのですか?」
という質問です。

ハラスメント研修を何回かしている企業では、飲み会も職場であるという認識が少しづつ定着してきました(まだそのように思っていない職場では注意が必要です)。
では、どこまでの飲み会が職場と判断されるのでしょうか??

忘年会や二次会におけるセクハラ問題ついては、2003年に行われた
「三次会終了後のタシー内におけるセクハラ事件」の東京地裁の判例が参考になります。
これは女性部下Aが、役員Bにキスや肉体関係を迫られたことを訴えた裁判です。
問題は事件が三次会の帰りのタクシーで起きたという点でした。
セクハラ行為を行った役員民法709条に基づく不法行為の責任を問われましたが、会社にも責任は問われたのでしょうか?

事件は三次会後の午前1時過ぎに起きたことを考慮すると、多くの人は会社に責任はないと考えるでしょう。
しかし、この事件は会社にも使用者責任が問われています。
つまり、三次会であっても職場であるといえるのです。
会社や部署が主催する懇親会や忘年会というのは、仕事だと解釈されやすいです。
日頃から職員に対して注意を促しておかないといけません。

いずれにせよ、ハラスメントが多い職場はコミュニケーションが足りていないことが多いです。
ハラスメントに関する正しい知識と、風通しの良い職場づくりが欠かせないといえます。

-----
ストレスチェックQ&Aまとめページ はこちらから。
http://cp-sr.com/stress-check

Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所は、社長専属カウンセラーとして社長の悩みをとことん聴きます。
(今話題のストレスチェック義務化にも簡単に対応できます)。

※ストレスチェック制度の本を3冊出版しました。
詳細はHP
http://cp-sr.com/archives/info/publish
をご覧ください。


業務案内・お問い合わせは下記よりお願いいたします。
http://cp-sr.com/contact/

--
Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)
臨床心理士・社会保険労務士事務所
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町16-28 グラスシティ渋谷6階
Tel:03-6384-7472 Fax:050-3312-6880
http://www.cp-sr.com



スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,104コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク