スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 「医の心」商標と商標的使用

コラムの泉

「医の心」商標と商標的使用

カテゴリ
企業法務  >  知的財産権
最終更新日
2017年08月17日 17:09
著者
弁護士法人クラフトマン さん
ポイント
750,791ポイント
ポイントランキング100

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネスに直結する実践的判例・法律・知的財産情報
弁護士法人クラフトマン 第202号 2017-08-17

-------------------------------------------------------
法律相談ご案内
http://www.ishioroshi.com/biz/soudan_first

顧問弁護士契約サービス内容についての詳細
http://www.ishioroshi.com/biz/komon_naiyou
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前書き 弊誌200号突破の御礼と記念無料相談のご案内
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 平素は弊誌をご愛読くださり誠にありがとうございます。弊誌は
皆様のご愛読のお陰で、先日200号を発行することができました。
また、読者数も4000名を突破しました(現在4005名)。

 弊所では、弊誌のご愛読の感謝として、この度メルマガ読者限定
の<特別無料相談>を実施します。この機会をぜひご活用ください。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1 今回の事例 「医の心」商標商標的使用
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


東京地方裁判所平成29年4月27日判決

 A氏は、第 41 類「医学部・歯学部に関する受験勉強の教授ほ
か」を指定役務とする登録商標「医の心」及び「医心」(いずれも
標準文字商標)の商標権を有しています。

 B社は、医学部受験生に対する受験指導等の宣伝広告をするウェ
ブサイト、パンフレット、チラシにおいて、以下のような形で「医
の心」「医心」を使用しました。

・「医心養成ゼミでは良医になるための知識や心構えを習得してい
 きます。」
・「医学部入試(面接・小論文)突破のみならず,その先の医学生
 として,自分を高め続けていくために必要な素養や能力,それが
 『医の心』です。」
・「医心養成ゼミとは,その『医の心』を講義形式やその場での実
 践を通して身につけていくことを目的とした特別講座です。」 

 以上の事実のもと、A氏は商標権を侵害されたとして、B社に対
し、上に述べた表現について使用の差止と損害賠償を求めました。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2 裁判所の判断
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 裁判所は以下のように判断して商標としての使用ではないとし、
A氏の訴えを認めませんでした。

● 「医の心」という語は、A氏の商標出願より前から、医療関係
の書籍や番組、ウェブサイト等で頻繁に用いられている。「医心」
は「医の心」を短縮した語であり、「医学の心得」との意味(広辞
苑)で一般に用いられている。

● B社のウェブサイト等において、「医の心」「医心」という語
は一般的な意義と同様の意味で記述的に説明した語として用いられ
ているから、商標的に使用していることにはならない。

● したがって、B社による上記のような使用には、本件商標権の
効力は及ばない(商標法26条1項6号)。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3 解説
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


(1)商標の使用と商標権侵害の関係


 ある登録商標と同一の文字や図形を使用すれば、常に商標権の侵
害となるのでしょうか。実はそうではありません。

 それは、一般に、商標の主な機能が、自己の商品を他の商品と区
別するための「目じるし」としての機能(自他商品識別機能、出所
表示機能)にあるため、自他商品識別機能、出所表示機能等を有す
るような使用の仕方でなければ、その商標権を侵害しているとはい
えないからです。


 この点は伝統的に裁判例において認められてきたところ、平成2
6年の法改正で商標法26条1項6号として明文化されました。そ
して今回ご紹介した裁判例も、商標法26条1項1号に基づき商標
権侵害が否定されたわけです。



(2)商標としての使用該当性が問題となる具体例

 ある使用が、商標としての使用か否かはケース・バイ・ケースに
判断されますが、イメージを持っていただくため、過去の裁判例の
一部をご紹介したいと思います。


●包装の状態を表すものと判断された例

 「銀包装」の文字を、他の出所標識とともに、あられやおかきの
包装容器に使用する行為が、商標「銀装」という商標権(指定商品
:菓子パン)の侵害となるかが争われました。

 裁判所は、「銀包装」という文字が包装の状態を表すものとして
認識されるから、商標権を侵害しないと判断しました(大阪地裁昭
和46年3月3日判決)。


●かるたの内容を表示するものと判断された例

 かるたの容器の蓋に、「一休さん」の文字と図形等が大きく表示
され、ここに「テレビまんが」の文字が表示されているというケー
スで、商標「テレビマンガ」の商標権(指定商品:娯楽用具)を侵
害するかが争われました。

 裁判所は、当該表示につき、かるたの内容がテレビ漫画「一休さ
ん」に由来するという商品の内容の表示にすぎず、自他商品識別標
識としての機能を果たす使用とはいえないとして、商標権侵害を否
定しました(東京地裁昭和55年7月11日判決)。


●歴史的な通行手形を模したものと判断された例

 将棋の駒の形状の木製品に「通行手形」の文字を、「交通安全」
その他の文字や図形とともに表示する行為が、「通行手形」の文字
商標(指定商品:壁掛け等)の商標権を侵害するかが問題となりま
した。

 裁判所は、当該製品が、歴史において実際に使用された通行手形
を模したものであって、自他商品識別機能を持つ使用とはいえない
として、商標権侵害を否定しました(東京地裁昭62年8月28日
判決)。


● 売り場の名称の表示であると判断された例

 デパートが玩具・人形の売場に表示した「おもちゃの国」「TOYL
AND」の文宇が、「おもちゃの国」「TOYLAND」などの文字で構成さ
れる登録商標(指定商品:玩具等)の商標権侵害の有無が問題とな
りました。

 裁判所は、上の表示は、玩具の売場自体を示すためにのみ用いら
れているという理由で、商標権侵害を否定しました(東京地裁昭4
8年1月17日判決)。


● キャッチフレーズとしての使用と判断された例

 清涼飲料コカコーラにおける「ALWEYS」を含む図柄の使用が、登
商標「オールウエイ」(指定商品:清涼飲料)の商標権侵害とな
るかが争われました。

 裁判所は、前記使用はキャッチフレーズの一部であり、商品を特
定する機能や出所を表示する機能を果たしているとはいえないとい
う理由で、商標権侵害を否定しました(東京地裁平成10年7月2
2日判決)。



(3)ビジネス上の留意点

 自社の登録商標を他社が使用していると思われる場合、又は他社
から、「自社の登録商標を使用している」と警告を受ける場合があ
ります。

 しかしこの場合であっても、今回考えたように、ある商標の「使
用」が、商標法における「使用」、つまり商標としての使用といえ
るか否かについて判断が難しいケースがあり、慎重な検討が必要で
す。

 それで、自社の登録商標を他社が使用しているからといって安易
に警告に及んだり、他社から、「自社の登録商標を使用している」
と警告を受ける場合に慌てて使用を中止する前に、まずは上のよう
な観点からしっかりと検討することは重要といえます。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4 メルマガ読者限定・期間限定・初回1時間無料相談
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 冒頭で申し上げましたとおり、弊所では、弊誌のご愛読の感謝と
して、メルマガ読者限定で、無料特別相談を実施します。ぜひご活
用ください。


<相談要領>
   a 相談日時   申込者のご都合にあわせ、日程調整の上
            決定
   b 相談場所   弊所丸の内事務所又は横浜事務所
   c 相談回数   1回まで。時間は1時間まで
   d 相談後の義務 何もありません。ご安心ください。
   e 受付期間   本日から2017年9月末まで


<申込要領>
「申込可能な方」 初めて弊所に相談される方に限ります
         法人の相談に限ります

「申込期間」   本日から2017年9月末まで

「相談可能分野」 以下をご覧ください
       http://www.ishioroshi.com/biz/soudan_first/

「申込方法」 メールの場合
          info@ishioroshi.com まで、以下のa~gの
         事項を明記し送信ください。

        お電話の場合
         03-6267-3370 又は 045-276-1394まで
          その際に、「メルマガ読者初回無料相談」で
         ある旨 お申し付けください。
   a 商号
   b 電話番号
   c ご担当者名
   d メールアドレス(メルマガ登録されているアドレス)
   e 弊所からの連絡方法
     「メール・電話・両方」から選択
     ただし、メールアドレス又は電話番号の誤記がある場合
     等、やむを得ずご希望の連絡手段以外の手段でご連絡す
     る場合もあります。
   f 簡単な相談内容
      1~2行で十分です。
   g ご相談希望日時
       ●月●日の「午前」「午後」という形でお願いいた
       します。
       3以上の候補をいただけると幸いです。
   h ご相談希望場所
        丸の内事務所、横浜事務所のいずれかからご選択く
        ださい。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本稿の無断複製、転載はご遠慮ください。

ただし、本稿の内容を社内研修用資料等に使用したいといったお申
出については、弊所を出典として明示するなどの条件で、原則とし
て無償でお受けしています。この場合、遠慮なく下記のアドレス宛、
メールでお申出ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【執筆・編集・発行】
弁護士・弁理士 石下雅樹(いしおろし まさき)

東京事務所
〒160-0022 東京都千代田区丸の内1-5-1 
新丸の内ビルディング11階
弁護士法人クラフトマン東京国際特許法律事務所
TEL 03-6267-3370 FAX 03-6267-3371

横浜事務所
〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14 新港ビル4階
クラフトマン法律事務所
TEL 045-276-1394(代表) FAX 045-276-1470

mailto:info@ishioroshi.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
弊所取扱分野紹介(契約書作成・契約書チェック・英文契約
http://www.ishioroshi.com/biz/kaisetu/keiyaku/
(弁護士費用オンライン自動見積もあります)

弊所取扱分野紹介(英文契約書翻訳・英語法律文書和訳)
http://www.ishioroshi.com/biz/kaisetu/honyaku/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本稿に対するご意見、ご感想は mailto:info@ishioroshi.comまで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,333コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク