スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 建設業において賃金を考える

コラムの泉

建設業において賃金を考える

カテゴリ
企業法務  >  全般
最終更新日
2018年01月22日 12:37
著者
光岡行政書士事務所 さん
ポイント
22,178ポイント
ポイントランキング100

一般的に「賃金」というと「給料」そのものを意味していますね。

ですが、労働基準法上の賃金は給料だけでなく、労働基準法11条で広く「賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者労働者に支払うすべてのものをいう」規定しています。

建設業において賃金https://fukuoka-kensetsugyo.com/h4-3/を参照方)を考える際も、いろいろと留意すべき点はあります。
賃金は、労働への直接の対価のみならず、家族手当住宅手当のような間接的、補助的な側面もあります

上記だけをみても、「賃金」の定義は広いので、建設業の経営者も十分に注意してください。



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,913コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク