スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 登録第5991095号

コラムの泉

登録第5991095号

カテゴリ
企業法務  >  知的財産権
最終更新日
2018年02月06日 10:39
著者
明立特許事務所 さん
ポイント
491,791ポイント
ポイントランキング100

------------------------------------------------------------
□■□【真似とは言わせない!ネーミングのツボ】□■□
■□                     
□                       2月6日号
------------------------------------------------------------

 弁理士 深澤です。

------------------------------------------------------------
★このメルマガの目的♪
------------------------------------------------------------

 このメルマガでは、商標の審判・裁判事例等を通して、

○どんな商標が類似といわれたのか
○識別力のある商標とはどんなものなのか

 といったことから、ネーミングを考える際のツボを明らかにして
いきます。

(配信中止はこちらまでhttp://www.mag2.com/m/0000241197.html)

 それでは、今週も始めます。

------------------------------------------------------------
★今回の事例♪
------------------------------------------------------------

 今回取り上げるのは、

○登録第5991095号:

 図案化されたネコ科の動物とおぼしき図形と、その下部に「トラ
りん」の文字をやや図案化された文字で横書きした構成

 指定役務は、第35類の各役務です。

 ところが、この商標は、

 国際登録第1061396号商標

 水平の直線の上部に、太い線で描かれた2本の円弧と左右対称の
螺旋状の図形並びに縦の直線及び左右対称の曲線を組み合わせた
図形を配し、下部に、水平の直線と同じ幅で、これと接するように
図形部分と同様の太い線で「TRALIN」の欧文字を図案化して
表示した構成

 と類似する、とされて一旦は登録が認められませんでした。


------------------------------------------------------------
★判断の分かれ目♪
------------------------------------------------------------

 そこで、登録が認められないのはおかしい、として拒絶査定不服
の審判(不服2017-008135号)が請求されました。

 では、審判でどんなやりとりがあったか紹介します。

 まず、この商標

「図形部分と文字部分とは、視覚的に分離され、これを常に一体
不可分のものとして把握しなければならない特別の事情は見いだせず、
それぞれが独立して自他役務の識別機能を果たし得るものというべき
である。」

 そして、

「図形部分は、我が国において特定の事物を表したもの又は意味
合いを表すものとして認識され、親しまれているというべき事情は
認められず、該図形部分からは特定の称呼及び観念を生じないもの
である。」

 また、

「文字部分である「トラりん」の文字は、辞書等に載録のないもの
であって、特定の意味合いを想起させることのない一種の造語
として認識されるものである。」

 してみれば、

「その構成中の「トラりん」の文字に相応して、「トラリン」の
称呼を生じ、特定の観念を生じないものである。」

 一方、引用商標

「外観は、まとまりよく一体的に表されており、特定の部分が分離、
抽出される構成態様とはいえないものである。」

 そして、

「その構成中の「TRALIN」の文字は、辞書等に載録のない
ものであって、特定の意味合いを想起させることのない一種の造語
として認識されるものであり、欧文字からなる造語の場合は、我が
国で一般に普及したローマ字又は英語の読みに倣って称呼される
のが自然であるから、」

「該文字に相応して「トラリン」の称呼を生じるというのが相当
である。」

 してみれば、

「「トラリン」の称呼を生じ、特定の観念を生じないものである。」

 そこで両者を比較すると、

「図形部分は、まったく異なる図形であって、また、文字部分に
ついても、仮名と欧文字との違いによって印象が大きく異なり、
顕著な差異を有するものであるから、両商標は、外観上、明確に
区別できるものである。」

 称呼は、

「共に「トラリン」であり、称呼上、同一である。 」

 観念は、

「いずれも特定の観念を生じないものであるから、両商標は、観念上、
比較することができず、相紛れるおそれがあるとはいえない。」

 として、

「「トラリン」の称呼を共通にするとしても、印象が大きく異なる、
その全体の外観が著しく相違し、観念については比較することが
できないものであるから、これらを総合して勘案すれば、両商標は、
互いに非類似の商標というのが相当である。」とされました。


------------------------------------------------------------
★事例からわかったネーミングのツボ♪
------------------------------------------------------------

 今回は、称呼が同一の商標の類似が問題となりました。

 称呼が同一でも、両者とも図形と文字とからなるものであり、
図形部分の違いから非類似とされました。

 図形を入れてみることが真似とは言わせないツボになることも
あります。 

------------------------------------------------------------
 お役に立ちましたでしょうか?

 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

************************************************************
真似とは言わせない!ネーミングのツボ(毎週火曜日発行)

ご質問・ご感想お待ちしております!

  編集・発行 深澤 潔
  http://brand-service.biz/

 各種商品・サービスのネーミング、会社ロゴ等の商標登録関連
を扱っております
************************************************************



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,138コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク