スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 人に拒否されたらおしまいだ!?【すべての働く人向け】

コラムの泉

人に拒否されたらおしまいだ!?【すべての働く人向け】

カテゴリ
労務管理  >  全般  /  労働基準法  /  労働安全衛生
最終更新日
2018年02月13日 12:22
著者
Office CPSR 臨床心理士・社労士事務所 さん
ポイント
525,503ポイント
ポイントランキング100

働いている人のカウンセリングをしていると、ある一定の割合でご自身に自信がない方に出会うことがあります。

そのような自信のない方の中には「人に拒否されたらおしまいだ」と強く思いこんでいる方もいます。



【このような場合どうしたらよいでしょうか?】

さまざまな方法がありますが、認知行動療法の祖であるアルバート・エリス博士の例をご紹介したいと思います。

アルバート・エリス博士は論理療法の祖で、現在の認知行動療法の元になった考え方を提唱された一人です。



【実際のアルバート・エリス博士の例】


アルバート・エリス博士は、ひどい人見知りという悩みがあり、特に女性とはまるで話をすることができませんでした。

しかしながら、20代の時に人見知りを直そうと決意されました。



【どうしたのか??】


アルバート・エリス博士は、100人以上の女性を誘うという、行動を実行したのです。

その結果デートに応じてくれた女性はわずかでしたが、それは思ったほどアルバート・エリス博士にとって絶望的なことではありませんでした。

その結果、アルバート・エリス博士は「人に拒否されたらおしまいだ」という不合理な信念が修正され人見知りを直すことができたのです。



【考えを変えるのがいいのか行動を変えるのがいいのか??】


認知行動療法は、得てして考えを変えさえすればよいと誤解されることがあります。

しかしながら認知行動療法のポイントは「変えやすいところから変える」です。

得てして認知を変えるのが最も変えやすいケースが多いので、認知だけ変えればよい(あるいはポジティブに考えさえすればよい)ととらえられがちですが違うのです。

アルバート・エリス博士のように、行動から変えてもよいのです。

実際に悩んだ時、考え方を変えればよいというのはわかってるけど、変えられないというときは是非一度行動を変えてみてください。

そのようなアシストをしてくれる、認知行動療法を行うクリニックも増えてきました。そのようなところをうまく活用するのもおすすめです。




ストレスチェックQ&Aまとめページ はこちらから。
http://cp-sr.com/stress-check

Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所は、社長専属カウンセラーとして社長の悩みをとことん聴きます。
(今話題のストレスチェック義務化にも簡単に対応できます)。

※ストレスチェック制度の本を3冊出版しました。
詳細はHP
http://cp-sr.com/archives/info/publish
をご覧ください。


業務案内・お問い合わせは下記よりお願いいたします。
http://cp-sr.com/contact/

--
Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)
臨床心理士・社会保険労務士事務所
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町16-28 グラスシティ渋谷6階
Tel:03-6384-7472 Fax:050-3312-6880
http://www.cp-sr.com




スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,138コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク