スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 建設業と退職

コラムの泉

建設業と退職

カテゴリ
企業法務  >  全般
最終更新日
2018年02月15日 16:17
著者
光岡行政書士事務所 さん
ポイント
22,221ポイント
ポイントランキング100

建設会社としても雇用している人が「退職」を希望するケースは、当然ありますね。
https://fukuoka-kensetsugyo.com/h4-6/

民法上は、労働者から退職の申入れがあると、申入れの日から2週間経過すると雇用契約は終了し退職の運びとなちます。

一方で、あまりに急な退職意向であれば、会社にとっては後任者を決める時間がなくて、業務に悪影響を及ぼしかねません。

このような不利益を避ける為に、就業規則に、妥当性のある規定を設けるべきです。


退職者から要求されれば、退職証明書離職票を発行する必要もあります。

また、源泉徴収票健康保険被保険者資格喪失証明書は渡すことは必須事項です。
年金手帳厚生年金基金加入員証を預かっている場合は返却します。



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,918コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク