スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 建設業での就業規則を考える

コラムの泉

建設業での就業規則を考える

カテゴリ
企業法務  >  全般
最終更新日
2018年02月22日 11:23
著者
光岡行政書士事務所 さん
ポイント
22,179ポイント
ポイントランキング100

労働者10人以上の会社>
常時10人以上の労働者を使用する事業所は、就業規則を作成し、労働基準監督署に届け出なければなりません。
https://fukuoka-kensetsugyo.com/h4-7/
この旨は、労働基準法89条に規定されています。
「10人」については、正社員、パート、アルバイト、契約社員など、それらすべてを含めた労働者が対象ですので、要注意です。

就業規則労働者を不利益に?>
就業規則労働条件を不利益に変更する場合には、労働者に意見を聴くだけでは足りず、労働契約法の原則に従って、合意が必要です。

<上記の例外>
一定の要件を満たした場合には、労働者との合意がなくとも就業規則の変更により、労働条件を不利益に変更できます(労働契約法10条)。
しかし、これはハードルが高いのです。



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,913コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク