スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 建設業許可の専任技術者の証明書類としての請求書

コラムの泉

建設業許可の専任技術者の証明書類としての請求書

カテゴリ
企業法務  >  全般
最終更新日
2018年03月15日 11:52
著者
光岡行政書士事務所 さん
ポイント
14,456ポイント
ポイントランキング100

「専任技術者を置くこと」は、建設業許可の取得の要件のひとつです。
一定の技術資格や一定期間の実務経験があれば、専任技術者
になれます。
資格があればいいのですが、ない場合は実務経験を証明することは必要です。
実務経験を証明する書類は、
○取得したい建設業許可の工事に関しての契約書
○取得したい建設業許可の工事に関しての発注書
○取得したい建設業許可の工事に関しての請求書の控え
があります。

このなかで、証明書類としての請求書https://fukuoka-kensetsugyo.com/j2-1/)は、自らが発行するため、その控えを保管している可能性が極めて高いですね。

実務経験で証明する場合、10年間(120ヵ月)を上記の書類で証明します。
120ヶ月で120枚が必要なケースと10年で各年1枚の書類計10枚というように、都道府県で差異があります。
ここは、県土整備事務所(https://fukuoka-kensetsugyo.com/l2-2/)などに事前の確認をしましょう。



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,800コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク