スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 持株会社方式のやり方

コラムの泉

持株会社方式のやり方

カテゴリ
税務経理  >  全般
最終更新日
2018年03月19日 12:28
著者
東京メトロポリタン税理士法人 さん
ポイント
1,735,800ポイント
ポイントランキング100

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2018/03/19(第750号)━━
■■
■□ 【実践!社長の財務】-財務アプローチで強い会社を作る
■□    
■□  ”業績をアップするには、まずは会計から変えよう!”
■■        http://www.tm-tax.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 皆様、おはようございます。
 税理士の北岡修一です。

 ようやく確定申告の時期を終えると、気分も解放され季節もよ
 く、本当に春が来たような感じになります。

 とは言え、浮かれてもいられず、確定申告で保留にしていた仕
 事を、今週からガンガン進めていかないといけませんね。

 今週も頑張っていきましょう!

 では、本日も「実践!社長の財務」よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  
■□  持株会社方式のやり方
■■  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●以前に、よく銀行から持ち込まれる持株会社方式について書い
 たことがあります。

 創業経営者の持つ株式を、持株会社を作って、そちらに移す、
 という提案です。

 持株会社株主は、後継者の持分を多くして、一気に創業者の
 株式を移してしまうのです。


持株会社が株式を購入する資金は、銀行から借入れて、株式購
 入代金を創業者に支払います。

 創業者は株式を譲渡するわけですから、譲渡所得税約20%を
 確定申告時に支払うことになります。


●株式を一気に移せる、創業者はまとまった資金が入るというこ
 とで、検討する方も結構多いかと思います。

 以前のメルマガでは、高い株価になること、税金がかかること、
 返済財源が配当しかないこと、創業者が高齢の場合はまとまっ
 た現金が入るので、相続税対策にはならないこと、など、

 デメリット面を主に書きました。


●ただ、もちろんデメリットだけではなく、メリットもあります。

 株式を一気に移せることが1つ。

 また、20%の税金であれば、高い役員報酬をもらっている経営
 者にしてみれば、総合課税になれば上乗せ分の税率は最高55%
 (住民税含む)にもなるので、むしろ安い税金で済む、とも言
 えます。


●経営者がそれ程歳でなければ、現金が入ってきても、様々な相
 続税対策もできますし、別事業や不動産の投資などもできます。

 持株会社借入金返済は、子会社からの配当ということになり
 ますが、100%子会社であれば持株会社がもらう配当金は無税
 になります。

 そこで、できるだけ高い配当を出すことにより、借入金の返済
 を十分していくこともできます。もちろん、子会社の純資産
 十分ある必要はあります。

 
●ただし、他に株主がいる場合は、他の株主にも配当をしなけれ
 ばなりませんので、あまり高い配当は出せないかも知れません。

 創業者が100%株式を持っているような会社であれば、上記の
 ようなことが可能になってきます。

 ということで、持株会社はいくつかの条件が揃っていけば、こ
 れを有用に使っていくことも可能になる、ということですね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ご紹介ください】━━
■よろしかったらこのメルマガを、友人、お知り合い
 の方にご紹介ください。下記2行コピーしてお使いください。

   【お勧めメルマガ 「実践!社長の財務」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html

──────────────────────────────
相続事業承継対策などに関心のある方は、下記メルマガも
 是非、お読みください。

   【併せて読みたい 「実践!相続税対策」】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001306693.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【ミッション】━━━
■当社&本メルマガのミッション

●『会計理念』を追求することにより、中小企業の成長発展に
 貢献する。

   ◆「会計を良くすると、会社が良くなる!」
   ◆「数字を公開すると、会社が元氣になる!」
   ◆「税金を払わないと、内部留保が貯まらない!」

 ※これらのことを、中小企業社長に氣づいてもらい、より多くの
  中小企業が、「強い会社」・「儲かる会社」になるために、
  財務・会計を中心に誠心誠意支援していく。

 ※是非、当社のHPもご覧ください。→ http://www.tm-tax.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ご意見、質問、感想、ご相談など→  kitaoka@tmcg.co.jp
  お気軽にメールください。必ず返信します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行】東京メトロポリタン税理士法人 http://www.tm-tax.com/
【編集】税理士 北岡修一 kitaoka@tmcg.co.jp
【住所】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー4F
【TEL 】03-3345-8991 【FAX】03-3345-8992

──────────────────────────────
※本メルマガの解除はコチラ
  ⇒ http://www.mag2.com/m/0000119970.html
 このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 ( http://www.mag2.com/ )       ID 0000119970
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>  
 
 先週マーストリヒトに留学している娘が帰ってきて、ちょうど
 誕生日のお祝いをしました。新婚の息子夫婦も来て、楽しい会
 になりましたが、途中から将来自宅をどうする・・・みたいな
 話になってきました。人の相続対策ばかりやっていますが、そ
 ろそろうちも考えなければいけない時期になったんだなあ、と
 思いますね...。



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,968コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク