スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 昇進して人生の絶頂期のはずが、うつ病になった【経営者向け】

コラムの泉

昇進して人生の絶頂期のはずが、うつ病になった【経営者向け】

カテゴリ
労務管理  >  全般  /  労働基準法  /  労働安全衛生
最終更新日
2018年04月11日 14:33
著者
Office CPSR 臨床心理士・社労士事務所 さん
ポイント
495,153ポイント
ポイントランキング100

企業内でカウンセリングをしていて、案外多いのが人生の絶頂期(と周囲は思っている)に体調を崩す方です。
例えば、30代前半、主任に昇進、丁度子どもも生まれ転居もしたといった人が、体調を崩すことがあります。周囲もそして本人も、人生の絶頂期にもかかわらず、どうして調子が悪くなったかどうかわからないということがあります。

【どうしてこのようなことが起きるのでしょうか??】

過度なストレスがかかると、体調を崩すことは広く知られています。
ただし、多くの人が
ストレス イコール 悪い出来事
と考えています。
だから、人生の絶頂期にもかかわらず、どうして調子が悪くなったかわからないということになるのです。

【どういうことでしょうか?】

ストレスとは、実は変化のことなのです。
暑くても寒くても
いい事でも悪い事でも
変化があればそれはすなわちストレスなのです。
この点をおさえておかないと、正しく対処できないときがあります。
先ほどの例ですと、主任に昇進、丁度子どもも生まれ転居もしたといった大きな変化がありました。
つまりストレスが多くかかったのです。
その結果体調を崩してしまったのです。

変化 イコール ストレス
このことを知っておくと、ご自身の体調管理に役立つだけではなく、部下の健康管理にも役立ちます。
ぜひとも知っておいてください。

----
ストレスチェックQ&Aまとめページ はこちらから。
http://cp-sr.com/stress-check

Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所は、社長専属カウンセラーとして社長の悩みをとことん聴きます。
(今話題のストレスチェック義務化にも簡単に対応できます)。

※ストレスチェック制度の本を3冊出版しました。
詳細はHP
http://cp-sr.com/archives/info/publish
をご覧ください。


業務案内・お問い合わせは下記よりお願いいたします。
http://cp-sr.com/contact/

--
Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)
臨床心理士・社会保険労務士事務所
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町16-28 グラスシティ渋谷6階
Tel:03-6384-7472 Fax:050-3312-6880
http://www.cp-sr.com



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,958コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク