スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 建設業における外国人の雇用

コラムの泉

建設業における外国人の雇用

カテゴリ
企業法務  >  全般
最終更新日
2018年04月23日 11:33
著者
光岡行政書士事務所 さん
ポイント
47,444ポイント
ポイントランキング100

外国人を雇用する会社は増加し、建設業界も例外ではありません。
外国人雇用をする際、在留資格に関する知識は必須です。
https://fukuoka-kensetsugyo.com/h4-13/

在留資格は、外国人が日本に入国や在留して行うことができる行動等をパターン化、法定化したものです。
具体的には、「出入国管理及び難民認定法」で規定されています。
現在は27種類の在留資格が存在しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
外国人を雇用する場合に、さらに留意すべきは、外国人向けの労働契約書や労働条件通知書、賞罰規則を整えることです。

ですが、日本に来る外国人が皆日本語が流暢ではなく、現在では厚生労働省から外国人向けの労働条件通知書のモデルも公開されていますので、これを参考に外国人向けの労働条件通知書を用意しておきましょう。



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,246コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク