スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 登録第6029226号:「GUEST HOUSE 心家」

コラムの泉

登録第6029226号:「GUEST HOUSE 心家」

カテゴリ
企業法務  >  知的財産権
最終更新日
2018年05月15日 12:45
著者
明立特許事務所 さん
ポイント
477,903ポイント
ポイントランキング100

------------------------------------------------------------
□■□【真似とは言わせない!ネーミングのツボ】□■□
■□                     
□                       5月15日号
------------------------------------------------------------

 弁理士 深澤です。

------------------------------------------------------------
★このメルマガの目的♪
------------------------------------------------------------

 このメルマガでは、商標の審判・裁判事例等を通して、

○どんな商標が類似といわれたのか
○識別力のある商標とはどんなものなのか

 といったことから、ネーミングを考える際のツボを明らかにして
いきます。

(配信中止はこちらまでhttp://www.mag2.com/m/0000241197.html)

 それでは、今週も始めます。

------------------------------------------------------------
★今回の事例♪
------------------------------------------------------------

 今回取り上げるのは、

○登録第6029226号:「GUEST HOUSE 心家」


 指定役務は、第36,43類の各役務です。

 ところが、この商標は、

 登録第4634316号商標:「こころ屋」

 と類似する、とされて一旦は登録が認められませんでした。


------------------------------------------------------------
★判断の分かれ目♪
------------------------------------------------------------

 そこで、登録が認められないのはおかしい、として拒絶査定不服
の審判(不服2017-013167号)が請求されました。

 では、審判でどんなやりとりがあったか紹介します。

 まず、この商標

「構成文字は、同じ書体、同じ大きさで、外観上まとまりよく一体に
表されているものであり、その構成文字全体から生じる「ゲスト
ハウスココロヤ」の称呼も、格別冗長ではなく、無理なく一連に
称呼し得るものである。」

 そして、

「「GUEST HOUSE」の文字部分は、例えば、株式会社
研究社「新英和中辞典」の「guesthouse」の項には、
「 (高級)下宿、 簡易ホテル、 ゲストハウス」の記載がある
ことから、該文字部分からは、「宿泊施設」程の漠然とした意味
合いを理解させるものであり、」

「「『心家』という名称の宿泊施設(ゲストハウス)」程の意味合いを
想起させ、「心家」の文字部分を自他役務の識別標識としての
機能を発揮する要部と捉える場合があるとしても、引用商標と抵触
する役務である「飲食物の提供」との関係においては、「GUEST
 HOUSE」の文字部分が、例えば、「西洋料理店」を意味
する語である「Restaurant(レストラン)」などのように、
飲食物を提供する場所や施設を表す語として一般に親しまれて
いる事情は見いだせない。」

 そうすると、

「「GUEST HOUSE」の文字部分が、「飲食物の提供」の
役務の具体的な提供の場所等を表し、識別力が弱い文字であるとは
いい難く、」

 また、

「同書、同大でまとまりよく表された構成からなることから、殊更、
その構成中の「GUEST HOUSE」の文字部分を捨象して、
「心家」の文字部分のみが自他役務の識別標識としての機能を

果たすとみるべき格別の事情はないというべきである。」

 してみれば、

「その構成文字に相応して「ゲストハウスココロヤ」の称呼を生じ、
「『心家』という名称の宿泊施設(ゲストハウス)」の観念を
生じるものである。]

 一方、引用商標

「文字は、辞書等に載録のないものであって、特定の意味合いを
想起させることのない一種の造語として理解されるものである。」

 そうすると、

「その構成文字に相応して「ココロヤ」の称呼を生じ、特定の観念
を生じないものである。 」


 そこで、両者を対比すると、

「外観においては、その構成文字及び構成態様において明らかな
差異を有するものであるから、外観上、明確に区別できるもの
である。」

 つぎに、称呼においては、

本願商標から生じる「ゲストハウスココロヤ」の称呼と引用商標
から生じる「ココロヤ」の称呼とは、その音構成及び音数において
明らかな差異を有するものであるから、称呼上、明確に聴別される
ものである。」

 観念については、

本願商標からは、「『心家』という名称の宿泊施設(ゲストハウス)」
の観念が生じるのに対し、引用商標は、特定の観念を生じない
ものであるから、両者は、観念上、相紛れるおそれはない。」

 として、両商標は、相紛れるおそれのない非類似の商標である
とされました。


------------------------------------------------------------
★事例からわかったネーミングのツボ♪
------------------------------------------------------------

 今回は、一部の構成が共通する商標の類似が問題となりました。

 共通する部分があっても全体として区別できる場合には両者は
非類似とされます。

 全体で異なるようにすることが、真似とは言わせないツボに
なります。 

------------------------------------------------------------
 お役に立ちましたでしょうか?

 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

************************************************************
真似とは言わせない!ネーミングのツボ(毎週火曜日発行)

ご質問・ご感想お待ちしております!

  編集・発行 深澤 潔
  http://brand-service.biz/

 各種商品・サービスのネーミング、会社ロゴ等の商標登録関連
を扱っております
************************************************************



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,089コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク