スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 「強制労働の禁止」 【労働基準法 第5条】

コラムの泉

「強制労働の禁止」 【労働基準法 第5条】

カテゴリ
労務管理  >  労働基準法
最終更新日
2004年12月12日 03:51
著者
株式会社ヒビコレ さん
ポイント
18,835,976ポイント
ポイントランキング100

≪本文≫

使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘
束する手段によって、労働者の意思に反して労働を強制してはなら
ない。


≪解説≫

★暴行
→ 労働者の身体に対し
→ 不法な自然力を行使することをいい、
→ 殴る、蹴る、水を掛ける等は
→ すべて「暴行」に該当します。


★脅迫
→ 労働者に恐怖心を生じさせる目的で
→ 生命、身体、自由、名誉
→ 又は財産に対して害を加えると
→ 通告すること。


★監禁
→ 一定の区画された場所から
→ 脱出できない状態に置くことによって、
→ 労働者の身体の自由を拘束すること。


★その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段
→ 長期労働契約、賠償予定契約、前借金契約、強制貯蓄など。

また、
→ 就業規則に社会通念上認められる
→ 懲戒罰を規定するようなことは、
→ これに該当しません。
(S63.3.14基発150号)


労働者の意思に反して労働を強制
→ 不当な手段を用いることによって、
→ 労働者の意識ある意思を抑圧し、
→ 労働する事を強要すること。

従って、
→ 必ずしも、現実に「労働」することを
→ 必要としません。

また、
→ 詐欺の手段が用いられても、
→ 無意識の状態であったと考えられる事から、
→ 必ずしも、「労働者の意思に反して労働を強制」した
→ とは言えません。
(S23.3.2基発381号)





スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,207コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク