スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 「最低年齢」 【労働基準法 第56条】

コラムの泉

「最低年齢」 【労働基準法 第56条】

カテゴリ
労務管理  >  労働基準法
最終更新日
2004年12月12日 04:32
著者
株式会社ヒビコレ さん
ポイント
18,841,074ポイント
ポイントランキング100

≪本文≫

1.
使用者は、児童が満15歳に達した日以後の最初の3月31日が終
了するまで、これを使用してはならない。

2.
前項の規定にかかわらず、別表第1第1号から第5号までに掲げる
事業以外の事業に係る職業で、児童の健康及び福祉に有害でなく、
かつ、その労働が軽易なものについては、行政官庁の許可を受けて、
満13歳以上の児童をその者の修学時間外に使用することができる。
映画の製作又は演劇の事業については、満13歳に満たない児童に
ついても、同様とする。


≪解説≫

【原則】

使用者は、
→ 満15歳に達した日以後の
→ 最初の3月31日が終了するまでの
→ 児童を使用してはいけません。


【例外】

以下の要件をすべて満たしていれば、
→ 満13歳以上の児童を、
→ 修学時間外に使用することができます。

・農林水産業、非工業的事業
・児童の健康及び福祉に有害でなく、労働が軽易なもの。
・所轄労働基準監督署の許可を受ける。

映画の製作又は演劇の事業については、
→ 満13歳に満たない児童についても、同様。





スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,210コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク