スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 「休業手当」 【労働基準法 第26条】

コラムの泉

「休業手当」 【労働基準法 第26条】

カテゴリ
労務管理  >  労働基準法
最終更新日
2004年12月12日 04:50
著者
株式会社ヒビコレ さん
ポイント
18,913,068ポイント
ポイントランキング100

≪本文≫

使用者責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、
休業期間中当該労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手
当を支払わなければならない。


≪解説≫

使用者責に帰すべき事由によって休業する場合に、労働者の生活
保障のため一定の手当を支払うことを定めている。


使用者責に帰すべき事由】

・新規学卒内定者を自宅待機期間
(S63.3.14基収150号)
・即時解雇時の予告期間中の休業
(S24.2.8基収77号)
・資材、資金の獲得ができないための休業
(S23.6.11基収1998号)

など・・・


使用者責に帰すべき事由にならない場合】

・正当な作業所閉鎖の休業
(S23.6.17基収1953号)
使用者責に帰すべき事由による休業期間中の就業規則等に定め
られている休日
(S24.3.22基収4077号)






スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,377コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク