スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 両罰規定(労働基準法)

コラムの泉

両罰規定(労働基準法)

カテゴリ
労務管理  >  全般
最終更新日
2004年12月12日 05:38
著者
株式会社ヒビコレ さん
ポイント
18,840,570ポイント
ポイントランキング100

□ 労働基準法の違反行為をした者が、
□ 当該事業の労働者に関する事項について、
□ 事業主のために行為した代理人、使用人
□ その他の従業者である場合においては、
□ 事業主に対しても罰金刑が科されます。
□ 
□ ただし事業主が、
□ 違反の防止に必要な措置をした場合においては、
□ この限りではありません。
□ 
□ また事業主が、
□ 違反の計画を知り
□ その防止に必要な措置を講じなかった場合、
□ 違反行為を知り、
□ その是正に必要な措置を講じなかった場合
□ 又は違反を教唆した場合においては、
□ 事業主も行為者として罰せられます。





スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,210コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク