スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > <第219回>血族経営がうまく機能アイリスオーヤマ編

コラムの泉

<第219回>血族経営がうまく機能アイリスオーヤマ編

カテゴリ
その他  >  経営
最終更新日
2008年03月17日 09:03
著者
彩愛コンサルピア さん
ポイント
4,171,633ポイント
ポイントランキング100

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

          シリーズ「人活経営でパワーは倍増できる!」

    <第219回>[(第25話)血族経営がうまく機能するオーヤマ流人活経営!]

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今話題の「会社を救うコンピテンシー」とは何かとコンピテンシーの導入の必要
性について、分かりやすく解説します。今回のシリーズでは、「人活経営でパワ
ーは倍増できる!」と題して様々な角度から鋭く分析した良質の記事を紹介して
いきます。きっとお役に立てると思います。中小企業の経営者の方、管理者の方、
人事担当者の方に是非ともお読みいただきたいと思います。

===========================

今回のメニュー
【1】心に刻んでおきたい言葉
【2】メルマガ本論「血族経営がうまく機能するオーヤマ流人活経営!」
1.アイリスオーヤマとは?
2.カリスマ長兄社長のリーダーシップ力!
3.綿密なコミュニケーションで微妙なズレ修正!
4.適正を見て弟たちの分担を決めた!
5.ポスト争いの労力不要!
【3】今日のポイント
【4】編集後記

===========================

ご承知のように大企業でも血族・同族経営の会社は多いです。操業当時はその色
合いが濃いのはやむを得ないことです。

今でもうまくいっている例では小売業の「丸井」。最近醜聞沙汰になったのは京
都のバッグの老舗「一澤帆布」、父なき後「跡目相続」をめぐり兄弟たちが訴訟
合戦で分裂しました。

これまで血族・同族経営のよい例、悪い例はたくさんありましたが、血族・同族
経営や世襲が悪いわけではありません。

今回紹介するのは家具類・日曜生活用品の製造卸の「アイリスオーヤマ」です。
長兄を中心に四兄弟の息もピッタリ、長兄の人活経営が光ります。


【1】心に刻んでおきたい言葉

***********************************************************************

兄弟でも、放っておけば意識にずれが生じる。常に考えを統一するために、情報
を共有している。

       大山健太郎

***********************************************************************


【2】メルマガ本論

[(第25話)血族経営がうまく機能するオーヤマ流人活経営!]


1.アイリスオーヤマとは?

本社は仙台市五橋にあります。設立は1971年(昭和46年)で現在の資本金は1
億円です。

直近の売上高は725億円(グループ総売上派1,500億円)で社員数は2,200名です。

経営理念の一つに「働く社員にとって良い会社を目指し、会社が良くなると社員
が良くなり、社員が良くなると会社が良くなる仕組みづくり」とあります。社員
に軸足を置いた経営には好感が持てます。

当社は、新技術、新素材を積極的に活用し、より快適に過ごすためのソリューシ
ョンを追求する姿勢を貫いてきました。

例えば「ものを収納」→「探すを重視したクリアな収納」、「育てる」→「飾る
を重視したガーデニング用品」というように商品のコンセプトも差別化されてい
ます。

自ら製造した商品を自ら卸す経営モデルは、小売の情報が入手しやすく、消費者・
生活者のニーズも吸い上げやすいというメリットがあります。


2.カリスマ長兄社長のリーダーシップ力!

長兄の大山健太郎社長は開発担当兼務です。

宮城県角田市にホームセンターさながらのショールームを開設しています。ここ
で毎週月曜日夕方6時、恒例の「開発会議」が開催されます。新商品のアイディ
アや開発の進め方について議論する場です。

担当者がプレゼンテーションを始めると大山社長から鋭い意見や檄が飛びます。

消費者・生活者の潜在ニーズの捉え方、かゆいところに手の届く商品開発が当社
の価値創造の源泉になっています。

プラスチック製のクリアな収納ケースやでデザイン性の高い植木鉢など数々のヒ
ット商品を生み出した舞台でもあります。

長兄社長の「リーダーシップ」なるコンピテンシーは高いレベルに磨き抜かれて
います。威厳で統治するのではなく、リーダーシップでみんなを引っ張っている
のです。

「威厳」だけの発揮はイエスマンを増殖し、耳障りな情報は入ってこなくなりま
す。部下である弟たちや社員たちは何を言っても始まらないと諦めてしまうでし
ょう。思わず堤義明氏(堤一族の骨肉の争い)とダブってしまいます。「裸の王
様」でしたから。


3.綿密なコミュニケーションで微妙なずれ修正!

長兄の強いリーダーシップで成長してきたことは否めません。しかし、兄弟とは
いえ、放っておけば足並みは乱れてしまうというのが長兄社長の考えです。

前述の「開発会議」が始まる午後一番、四兄弟による「三役会」と称する兄弟会
議があります。昼食とりながらざっくばらんに屈託のない意見を出し合い議論す
ることから始まります。6時間もの議論で兄弟たちの微妙なずれは修正されてい
き、意思統一が図られるのです。

「メーカー卸(メーカーベンダー)」として伸びてきた当社にとって各部門の連
携は命です。この連携は活発なコミュニケーションによって情報の全てが共有さ
れるのです。そういう意味で「三役会」は兄弟たちの意思の疎通を円滑にする上
で欠かすことができないのです。


4.適正を見て弟たちの分担を決めた!

専務の大山富生氏は営業、物流、子会社担当。卸機能を持つ当社にとっては最重
要キーマンです。

常務の大山繁生氏は製造および海外部門の担当。1万点以上の商品アイテムを一
手に引き受けます。

取締役の大山秀雄氏は財務およびシステム担当で時にM&Aも担当。

上記のように兄弟たちの役割分担は見事なまで明確になっています。

専務の富生氏、常務の繁生氏、取締役の秀雄氏は全て理科系の出身です。しかし、
専門の畑は違うのですが長兄社長は幼いころからの弟たちの特徴、適正を良く見
てきました。

例えば、財務担当の秀雄氏は「今でも経理のことは分からない。コンピューター
のことなら得意だが」と自嘲気味。しかし、分からないからこそ毎日が勉強。少
しずつ財務のプロに近づけるのです。

こうしてみんなが専門の裾野が広がっていくのです。


5.ポスト争いの労力不要!

多くの会社でもポスト争いを巡って内紛が起こることも度々です。最近の例では
日本航空が新町社長降ろしで揺れました。相次ぐ整備不良やミスの発生で国土交
通省から度々業務改善命令を受けているというのに経営改革や顧客そっちのけは
醜い限りです。

アイリスオーヤマでは兄弟たちの適正に応じて長兄社長が役割分担を明確にして
いますからポスト争いは当面ありません。

問題は将来です。四兄弟が引退後も同族が主要ポストを引き継ぐのか、有能な他
人の血を入れていくのか、ここがポイントになるでしょう。

別に「世襲」が悪いわけではありませんが同族以外で有能な人材がいれば他人の
血を入れていくことも必要でしょう。

重要なのは大山流の経営のフィロソフィ(哲学)がDNAとしてしっかり引き継
がれていくことです。

(今回の参考文献:日経ビジネス2006年3月6日号、他)


【3】今日のまとめ

1.血族・同族経営が悪いわけではないこと。例えばアイリスオーヤマのように
  長兄社長がリーダーシップ力を発揮し、威厳に頼らない経営スタイルが成功
  のカギであること。

2.威厳に頼ればイエスマンばかりを増殖し、耳障りな情報が上がってきにくく
  なってしまうこと。建設的な意見具申をするものが現れず、いつの間にか
  「裸の王様」になってしまうこと。

3.血族・同族の適正を良く見極めて担当を割り振ること。兄弟たちとの意思の
  疎通を図れる会議体やコミュニケーションの仕組を構築し、意思統一を図る
  ことが重要であること

コンピテンシーの導入について支援します。ご相談はこちらへ
⇒ 3223898301@jcom.home.ne.jp

【4】編集後記

東ハトはかつて小林一族の同族経営でした。菓子メーカーがゴルフ場の開発に400
億円も投資して失敗し、破綻しました。誰も意見具申をしてストップをかけられ
なかったのです。ユニゾンキャピタルから木曽健一氏が乗り込み、プレパッケー
ジ型の再生方式で再生できました。サッカー日本代表の“ヒデ”が非常勤役員
務めています。

「家長」的存在の強いリーダーシップを発揮できる社長がいて、わいわいがやが
や会議で意思の疎通を図る。そしてスピード経営で新商品を次々世に送る。

血族・同族経営はデメリットがたくさんあるのですが、アイリスオーヤマにはメ
リットこそあれ、デメリットはないようです。

世に血族・同族経営の会社は多いです。アイリスオーヤマを是非参考にしてほし
いと願っています。

=長文を最後までお読みいただきましてありがとうございます。=


次回に続く


***********************************************************************

発行責任者:さいたま市中央区上落合8丁目1-20-304
        彩愛コンサルピア代表 下山明央
この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp
彩愛コンサルピアのHPは、
こちらから http://members.jcom.home.ne.jp/3223898301/

(協)さいたま総合研究所のHPはこちらから http://www.ss-net.com

***********************************************************************



スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,450コラム
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク