スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 相殺の場合の印紙税

コラムの泉

相殺の場合の印紙税

カテゴリ
税務経理  >  全般
最終更新日
2009年07月21日 13:25
著者
岩浅税理士事務所 さん
ポイント
38,015ポイント
ポイントランキング100

Q よく売掛金の代金を受領する時に買掛金や経費との相殺をする場合がありますが、このとき相殺する旨を書いた書類や領収書にも収入印紙は貼らなければならないのですか?

A 金銭の受領を証明するものではないので収入印紙は必要ありません。但し、次のことに注意が必要です。

領収書の但し書きに「上記金額を相殺」など、相殺したことが分かるように必ず記載する。
  
額面の全額を相殺ではなく、金銭の受領も含んで記載した場合にはその金銭の受領額に相当する収入印紙を貼る必要があります。

(印基通別表第一第17文書の20)



スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,913コラム
新規投稿する

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク