スポンサーリンク

HOME > コラムの泉 > 知的資産経営報告書について

コラムの泉

知的資産経営報告書について

カテゴリ
その他  >  経営
最終更新日
2010年02月03日 19:38
著者
株式会社迅技術経営 中小企業診断士 さん
ポイント
176,108ポイント
ポイントランキング100

北陸の中小企業診断士西井克己です。

今日は、もちや事業部で行っている知的資産経営報告書について
お知らせします。

◆知的資産経営報告書では、貴社のノウハウを3つの視点で明らかにします。

*  人的資産 キーマンがいなくなると会社に残らない資産
*  構造資産 キーマンがいなくなっても会社に残る資産
*  関係資産 利害関係者との繋がりによる資産

 知的資産経営報告書を作成することで、決算書に表れない無形の資産、すなわち人材・技術・顧客とのネットワークなどを明らかにすることができます。

◆取引先や就職希望者等外部からの信頼性向上

 知的資産経営報告書は、数字に現れない貴社のノウハウ示したものであり、貴社の特徴を余すことなく外部に伝えることで貴社の信頼性が向上します。

◆効率的なノウハウ管理が可能になります

知的資産経営報告書は、知的資産を明らかにするだけではなく、その知的資産がどのように活用され、貴社の売上につながっているかを示します。これによりどの知的資産を強化すればよいのか明らかになります。

この取組を私は、弁理士・行政書士・中小企業診断士がチームを組み作成しております。

ご興味のある方は、
もちや事業部のHPをご覧いただけると幸いです。
http://mochiya.g-keiei.com





スポンサーリンク

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在18,686コラム
新規投稿する

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク