スポンサーリンク

HOME > 総務辞書の山 > フリーレント

総務辞書の山

キーワードごとに情報を集約!

フリーレント

専門家による解説(1件)

著者:株式会社ザイマックスインフォニスタ
賃貸借契約の締結期間中でありながら、ある一定期間の賃料支払いを免除することを指します。もともとの発想では、新事務所へ移転する際に二重に発生してしまう賃料を、新事務所のほうで免除してもらう意味合いが強いと言えます。米国でのフリーレントは、賃貸借契約の内容・期間・金額、およびオーナー側の内装工事の負担の金額や手法との相関において、複雑な交渉を経て定められていますが、日本においては単純に、テナントとの駆け引きによって3ヶ月・6ヶ月と定まっているケースが多いのが現状です。また、フリーレントの計上は、米国では賃貸期間全体に均等に配分して行っていますが、日本では、フリーレント対象月の賃料をゼロとするのが一般的です。これは、契約期間のしっかりと定まった米国とそうではない日本との違いから生まれた慣習と言えます。 ⇒ つづきを読む

関連ダウンロードファイル(0件)

    登録データはありません
ファイルを投稿する

スポンサーリンク

ご希望の情報は、みつかりましたか? 相談の広場 で質問できます!
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク