スポンサーリンク

HOME > 総務辞書の山 > 媒介契約 > 専門家による解説

総務辞書の山

媒介契約

専門家による解説

カテゴリ
媒介契約
最終更新日
2011年10月04日 14:08
著者
株式会社ザイマックスインフォニスタ さん
媒介契約とは、不動産売買・賃貸借の契約の際に、宅建業者と依頼者の間に取り交わされる取引様態のひとつを指します。宅建業者の取引様態には、大きく分けて、1. 宅建業者が売主または買主、あるいは交換の当事者となる場合、2. 売買、交換、貸借の代理人となる場合、3. 売買、交換、貸借の媒介をする場合、の三つがあり、この三番目の様態が媒介契約と呼ばれるものとなります。さらに媒介契約には、一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の三つの様態があり、どの形かによって契約の仕方が異なります。

スポンサーリンク

ご希望の情報は、みつかりましたか? 相談の広場 で質問できます!
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク