スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 企業法務について > 契約の終了日について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

企業法務について

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

契約の終了日について

著者 パンダッチ さん最終更新日:2011年10月27日 13:32
契約書に以下のような規定がある場合、契約は何日に終了することになるのでしょうか。

契約は2011年10月31日をもってその効力を失うものとする。

①31日になった瞬間=31日の0時=30日の24時に効力を失う
②31日が終了した瞬間=31日の24時=1日の0時に効力を失う

”をもって”の言葉の解釈として31日になった瞬間ではないか考えたのですが、本来はどのように解釈するのが正しいのか分からず質問させていただきました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 契約の終了日について

著者 古谷行政書士事務所 さん2011年10月28日 08:13
日、週、月または年によって期間を定めた場合は、期間の末日の終了によって、期間は満了します。(民法141条)

ここでいう期間の末日の終了とは、期間の末日の午後12時=期間の末日の翌日午前0時のことをいいます。

つまり、10月31日が期間の末日であるとすれば、10月31日の24時、言いかえれば、11月1日の午前0時の経過をもって、期間の末日の終了となります。

ただし、商法520条により、慣習による取引時間が認められていますので、期間の満了について、必ずしも本条が適用されるとは限りません。このため、商法が適用される事業上の契約では注意が必要です。

Re: 契約の終了日について

著者 パンダッチ さん2011年10月28日 08:44
ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

> 日、週、月または年によって期間を定めた場合は、期間の末日の終了によって、期間は満了します。(民法141条)
>
> ここでいう期間の末日の終了とは、期間の末日の午後12時=期間の末日の翌日午前0時のことをいいます。
>
> つまり、10月31日が期間の末日であるとすれば、10月31日の24時、言いかえれば、11月1日の午前0時の経過をもって、期間の末日の終了となります。
>
> ただし、商法520条により、慣習による取引時間が認められていますので、期間の満了について、必ずしも本条が適用されるとは限りません。このため、商法が適用される事業上の契約では注意が必要です。
1~3  (3件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク