スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 年末調整 扶養していない子の保険料控除

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

年末調整 扶養していない子の保険料控除

著者 Track505C さん最終更新日:2011年11月21日 15:40
お世話になります。
年末調整生命保険料控除について確認させてください。
内容は以下となります。
当社で雇用している人:妻(パート)
妻は、配偶者(ご主人)の扶養
お子様も配偶者の扶養
契約者がお子様で、
妻が保険料を支払っている
(妻が契約者となっている)保険。

この場合、ご主人の方で生命保険控除になると
認識しております。
当社での提出書類(異動申告書)では
子の扶養を確認できない為、
契約者であれど控除できないと認識しております。

この認識で間違えありませんでしょうか。

もう一点確認させてください。
上記の場合で、子がご主人の扶養でもなかった場合は、
契約者が奥様、ご主人様だったとしても
どちらの控除も受けられない。
という認識で間違えありませんでしょうか。
イメージとしては他人の保険契約をしておいて、
契約者が控除を受けているように思えましたので。

お手数をおかけいたしますが、ご教示くださいますよう
お願い申し上げます。
以上

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 年末調整 扶養していない子の保険料控除

著者 ton さん2011年11月22日 02:00
> お世話になります。
> 年末調整生命保険料控除について確認させてください。
> 内容は以下となります。
> 当社で雇用している人:妻(パート)
> 妻は、配偶者(ご主人)の扶養
> お子様も配偶者の扶養
> 被契約者がお子様で、
> 妻が保険料を支払っている
> (妻が契約者となっている)保険。
>
> この場合、ご主人の方で生命保険控除になると
> 認識しております。
> 当社での提出書類(異動申告書)では
> 子の扶養を確認できない為、
> 契約者であれど控除できないと認識しております。
>
> この認識で間違えありませんでしょうか。
>
> もう一点確認させてください。
> 上記の場合で、子がご主人の扶養でもなかった場合は、
> 契約者が奥様、ご主人様だったとしても
> どちらの控除も受けられない。
> という認識で間違えありませんでしょうか。
> イメージとしては他人の保険契約をしておいて、
> 契約者が控除を受けているように思えましたので。
>
> お手数をおかけいたしますが、ご教示くださいますよう
> お願い申し上げます。
> 以上

こんばんわ。
子供の保険の契約者は親であるのが一般的です。扶養しているかどうかは関係ありません。よくあるのが小さい時に加入した保険が成人=社会人後も契約者変更せずそのまま親が契約者となっていることです。子供は他人=第3者の扱いとはなりませんので自身の扶養申告をしていなくとも本人が支払っている場合は控除対象とすることができます。控除できる親族については手引きにも記載されていますのでご確認ください。3親等6姻族だったと記憶しています。
とりあえず。

Re: 年末調整 扶養していない子の保険料控除

著者 robo02 さん2011年11月22日 09:30
横レスですみません

保険料控除は、
「保険料を実際に負担している人」の控除対象になると思っていましたが違うんでしょうか?

今回のようなケースは、
契約者=妻=保険料を支払っている人であるので、
妻の保険料控除とするのが順当だと思っています。

逆に、子や夫は保険料を支払っている人ではないので、
そちらの方では、本来の控除対象者じゃないと思っているのですが・・

あとは、実際の契約者=妻であっても、現実的には夫が支払っている(夫の収入で)と言う場合が微妙で、
この場合は「夫が保険料を支払っている人」になり、
保険料控除対象にできるのかなぁ・・?
というのが私のいつも迷うところです。

違うのでしょうか?

Re: 年末調整 扶養していない子の保険料控除

著者 rento さん2011年11月22日 11:10
横から失礼します。


納税者が生命保険料や個人年金保険料を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。

対象となる生命保険料は、保険金などの受取人のすべてを自己か又は自己の配偶者、その他の親族とする生命保険契約等の保険料や掛金です。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

・支払った者が控除を受けられる。
・受取人が、本人、配偶者、親族である。

これ以外の要素は無いと思います。

本人が支払ったかどうかの認定は悩むところだと思いますが、引落しなら口座名義で見るしかないですよね。
その口座の原資がどこからかなど知る由もありません。
現金納付であれば申告を信じるしかないのでは?

Re: 年末調整 扶養していない子の保険料控除

著者 Track505C さん2011年11月22日 11:17
ton様

早速に回答をしていただきまして、
誠にありがとうございました。

手引きを確認しました。
他人と親族では異なることを認識しました。
今回の場合、妻の保険料控除で処理いたします。
ありがとうございました。
以上

Re: 年末調整 扶養していない子の保険料控除

著者 Track505C さん2011年11月22日 11:24
削除されました

Re: 年末調整 扶養していない子の保険料控除

著者 Track505C さん2011年11月22日 11:25
robo2様

早速に回答をしていただきまして、
誠にありがとうございました。

今回の場合、妻の保険料控除で処理いたします。
ありがとうございました。

>
> あとは、実際の契約者=妻であっても、現実的には夫が支払っている(夫の収入で)と言う場合が微妙で、
> この場合は「夫が保険料を支払っている人」になり、
> 保険料控除対象にできるのかなぁ・・?
> というのが私のいつも迷うところです。
>
> 違うのでしょうか?


私も同じ認識です。
多々具体例を挙げていただきまして
ありがとうございました。
自分なりに認識が深まったと存じます。
以上

Re: 年末調整 扶養していない子の保険料控除

著者 Track505C さん2011年11月22日 11:27
rento様

早速に回答をしていただきまして、
誠にありがとうございました。
簡潔・明快な回答に感謝いたします。

今回の場合、妻の保険料控除で処理いたします。
ありがとうございました。
以上
1~8  (8件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク