スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 企業法務について > 社長同士の口約束から発生した問題について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

企業法務について

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

社長同士の口約束から発生した問題について

著者  何でも屋 さん 最終更新日:2012年04月17日 13:13
初めて質問させていただきます。
長文になりますが、よろしくお願いします。

私は、技術提供会社(ITではありません)の役員で、技術以外の実務を担っています。

昨年、同業他社から1名雇用しました。
その際、その社員にたいして以前の社長(Aとします)から相当な圧力や暴言があったようですが、うちの社長には「これ以上連れて行かないでよ」と言うのみで、うちとしてもそのつもりも必要もなかったので「わかりました」と了承し、円満退社円満入社という形でした。

しかしその後、うちの他の社員が病気療養や介護などの理由で数名退職したので求人をしました。
条件にあう応募がなくパンク寸前だったので、条件が合う前出の他社を退職した人を雇用しました。

Aはとてもたちが悪いと聞いていたので、退職後まもない入社は引き抜きと取られてしまうからと隠していたのですが知られてしまい、乗り込んできました。

事情を説明しても聞く耳持たずで、恫喝しかなく、話し合いにならないため私が一括して返しましたが、今後どのように対処したら良いのか思案しています。

Aの言い分はコロコロ変わるのですが、敢えて要約すると
1.約束を守らなかったから金払え
2.挨拶がない・他の人から聞いて知って恥かいた
3.何もできない人間を育てたんだから育成料払え
といったところですが、
3については本人を前にしてバカだの能無しだの、使えないからすぐに手放した(退職願を受け付けてから1週間で退職)とAが言っているのでAに損害はなく、本当に能無しのバカならうちが損をする形だと思います。
(うちの社長は、人権侵害発言は良くないとAを咎めていましたし、バカでも能無しでもありません)

問題は1と2で、口約束を守っていませんし、守れない旨を伝えてもいません。
Aは、慰謝料として2000万円(なぜこの数字がでてきたのか不明)を要求してきましたが、私が会社同士でも社員に対しても口約束のみで書類が一切ないことを告げると、誠意として100万円と1年間料金を半額にすよう(この数字の根拠も不明です)要求してきました。
ただ、うちとしてもこの数週間、営業時間に乗り込んできたり電話で恫喝されたり、社員の自宅へ行かれたり嫌がらせメールをされたりと、少なからず損害を被っていることも確かです。

今回の件、どのような対策が考えられますか?
よろしくお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 社長同士の口約束から発生した問題について

著者  社会保険労務士事務所インサイス さん (専門家) 2012年04月21日 13:29
こんにちは。脇淳一社労士事務所です。


おそらく人事労務の範疇を超えているお悩みだと思いますので、労務専門家の私に的確なアドバイスができるかどうかわかりませんが、どなたも回答されていないようなので、その点を踏まえて思ったことを回答させていただきます。(もちろんなんですが、御社の実状を精通しているわけでも何でもありませんので、その点もご承知おきください。)


結論から言うと、完全な「言い掛かり」を付けられていますよね。


問題は、「御社がA社長の会社との関係性をどうお考えになっているか」、それだけだと思います。もし、A社長の会社と関係が悪化しても仕事上影響がないのであれば、御社は毅然と対応し、すべてNO、あるいは無視で良いと思います。そもそも回答をする必要あるのか疑問ですが、もし私が回答案を起案するとすれば、以下の通りです。


-------------------
「1約束を守らなかったから金払え」


⇒支払う根拠も義務もないので、支払わない。
そもそも、当社が誰を採用しようとするかは当社の採用自由であり、もし仮に「御社から引き抜きをしない」と口約束があったとしても、当社は通常と同様の求人票を出し、一般的な採用手続きを踏んでおり、これに対する応募者が偶然に御社の元社員であっただけで、意図したものではないことは明らかである。また、当該元社員がどの会社に、いつ就職するかについて、憲法22条1項「職業選択の自由」で保障された元社員の日本国民としての権利であり、御社にこれを制限する権限もないものと思料する。
それに問題があるとしても、そもそも御社の元社員との問題であり、当社が関知することころではない。」


-------------------
「2挨拶がない・他の人から聞いて知って恥かいた」


⇒当社の関知することではない。万が一それが事実であっても、なぜ御社の元社員が当社に入社することで、『恥をかいた』のが、全く見当がつかない。加えて恥をかいたことで、御社の業務の何か直接的な影響があるのか見当もつかない。


-------------------
「3何もできない人間を育てたんだから育成料払え」

⇒「同じく御社と元社員との問題であり、当社の関知することではない。一般的ではあるが、退職することを理由に育成料の返還などにより、実質的に違約金を設けることは、労働基準法16条(賠償予定の禁止)により、6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処するとの規定があることを付言する。」


-------------------
「~電話で恫喝されたり、社員の自宅へ行かれたり嫌がらせメールをされたり~」


⇒これこそ、御社が警察を呼んだり、弁護士さんへご相談されたりして対応すべきでしょう。そうしないとますます付け込まれますよね。


以上ですが、A社長会社に対する回答は、やや棘のある回答案になっていますので表現だとかはご調整いただくとして、相手の言い掛かりに対して、本気でお悩みなってしまう何でも屋さんの人柄の良さに、相手が付け込んでいるようにも感じました。とにかくはっきりすべてNOと伝え、あまり本気で相手にしないようにしていきましょう。

Re: 社長同士の口約束から発生した問題について

著者  何でも屋 さん 2012年04月22日 00:51
脇淳一社労士事務所さま

回答ありがとうございます。
A社長会社とは関係が悪化しても仕事上問題がないため、ほぼ同様の内容で回答をし、場合によってはA社長の行為の証拠(映像・音声・文章)をもっての告訴や提訴まで考えておりました。
ただ、弊社社長が口約束をとても気にしているため無視するわけにもいかず、質問させていただいたという次第で、私の考えとほぼ同様の回答をいただいたことで自信を持って対応しようと思えました。

弊社社長は人柄が良いため好意もよくもたれますが、度々トラブルに巻き込まれており(付け込まれるという意味で)、それらのトラブル対応も私の仕事の一つとなっております。

昨年A社長会社から転職してきた社員は、A社長のパワハラから解放されて緊張の糸が切れたことにより3月末からうつ病で休職となったため、決算とうつ病対応に追われているところに今回の件が重なって弱っていたので、脇先生の回答が励みになりました。

回答いただき、ありがとうございました。

Re: 社長同士の口約束から発生した問題について

著者  社会保険労務士事務所インサイス さん (専門家) 2012年04月23日 11:29
なんでも屋さん様、脇淳一社労士事務所です。

それは色々と大変な状況ですね。
少しはお役に立てたようで幸いです。

以上です。
1~4  (4件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク