スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 企業法務について > 取締役の転籍

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

企業法務について

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

取締役の転籍

著者 Monkey50 さん最終更新日:2013年02月15日 13:59
現在任期中のA社の取締役が、グループ会社(B社)に転籍となります。

A社の取締役は継続するのですが、この場合A社の登記変更は必要となるのでしょうか。

また、このケースは、所謂『社外取締役』とは違うという認識ですが正しいでしょうか。

よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 取締役の転籍

著者 橘高寛コンサルタント事務所 さん2013年02月15日 15:09
> 現在任期中のA社の取締役が、グループ会社(B社)に転籍となります。
>
> A社の取締役は継続するのですが、この場合A社の登記変更は必要となるのでしょうか。
>
> また、このケースは、所謂『社外取締役』とは違うという認識ですが正しいでしょうか。
>
> よろしくお願いいたします。

Monkey50 さんへ

当該取締役が、そのままA社の取締役であるのならば、A社の登記変更は必要ありません。
なぜなら、A社の登記事項に変更が生じていないからです。

また、社外取締役とは、「現在及び過去において、当該株式会社またはその子会社の代表取締役、業務執行取締役もしくは執行役または支配人その他の使用人ではなくまたはなかった者」のことをいいます。
そのため、社外取締役かどうかは、A社とB社が親子会社の関係にあるかどうかによります。

A社とB社とは、グループ会社とのことですが、株主総会議決権の割合がどのようになっているのかにより、変わってきます。

参考:会社法第2条第三号、会社法施行規則第3条

橘高寛行政書士事務所

行政書士・経営コンサルタント) 橘高 寛

http://www10.ocn.ne.jp/~kittaka/

Re: 取締役の転籍

著者 Monkey50 さん2013年02月15日 15:48
> > 現在任期中のA社の取締役が、グループ会社(B社)に転籍となります。
> >
> > A社の取締役は継続するのですが、この場合A社の登記変更は必要となるのでしょうか。
> >
> > また、このケースは、所謂『社外取締役』とは違うという認識ですが正しいでしょうか。
> >
> > よろしくお願いいたします。
>
> Monkey50 さんへ
>
> 当該取締役が、そのままA社の取締役であるのならば、A社の登記変更は必要ありません。
> なぜなら、A社の登記事項に変更が生じていないからです。
>
> また、社外取締役とは、「現在及び過去において、当該株式会社またはその子会社の代表取締役、業務執行取締役もしくは執行役または支配人その他の使用人ではなくまたはなかった者」のことをいいます。
> そのため、社外取締役かどうかは、A社とB社が親子会社の関係にあるかどうかによります。
>
> A社とB社とは、グループ会社とのことですが、株主総会議決権の割合がどのようになっているのかにより、変わってきます。
>
> 参考:会社法第2条第三号、会社法施行規則第3条
>
> 橘高寛行政書士事務所
>
> (行政書士・経営コンサルタント) 橘高 寛
>
> http://www10.ocn.ne.jp/~kittaka/


橘高 様

早速のご回答、ありがとうございます。
登記変更につきましては、理解いたしました。

社外取締役についてですが、B社はA社の親会社です。
転籍の時点で当該取締役はA社の取締役でありますので、『社外取締役』には当たらないという理解でよろしいでしょうか。

Re: 取締役の転籍

著者 橘高寛コンサルタント事務所 さん2013年02月16日 15:26
> 橘高 様
>
> 早速のご回答、ありがとうございます。
> 登記変更につきましては、理解いたしました。
>
> 社外取締役についてですが、B社はA社の親会社です。
> 転籍の時点で当該取締役はA社の取締役でありますので、『社外取締役』には当たらないという理解でよろしいでしょうか。

Monkey50 さんへ

まず、A社の取締役であるからといって、必ずしも社外取締役ではないということにはなりません。

A社の取締役であったとしても、その取締役にA社の業務執行権が与えられている(例えば、A社の事業部門(営業部門や製造部門など)の一部を担当している)かどうかによって結論は変わってきます。
業務執行権が与えられているのであれば、社外取締役にはなれないですし、与えられていないのであれば、社外取締役になれる可能性はあります。

また、その取締役取締役に就任する以前に、A社やB社の支配人や使用人であったのであれば、社外取締役にはなれないということになります。

橘高寛行政書士事務所

行政書士・経営コンサルタント) 橘高 寛

http://www10.ocn.ne.jp/~kittaka/

Re: 取締役の転籍

著者 Monkey50 さん2013年02月18日 08:53
橘高 様

分かりやすくご回答いただき、有り難うございました。
1~5  (5件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク