スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 企業法務について > 「以下の通り」と「次の通り」の使い分け

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

企業法務について

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

「以下の通り」と「次の通り」の使い分け

著者 真剣蝉 さん最終更新日:2013年04月15日 10:15
契約書等を作成する際、「以下の通り」や「次の通り」という表現が必要になることがありますが、
この「以下」と「次」はどちらが上位にあたるのでしょうか。
上位、下位という表現で上手く伝われば幸いです。

(例)
---
甲と乙は○○について「以下の通り・次の通り」合意する。
1.○○については「以下の通り・次の通り」とする。
(1)*****
(2)*****
(3)*****
2.○○については「以下の通り・次の通り」とする。
(1)*****
(2)*****
---

別の例で言えば、「又は」と「若しくは」では「又は」の方が上位で「若しくは」は下位となるように、
「以下の通り」と「次の通り」にも同じような関係がある気がしますが、明確な解説が見当たらず、
悩んでおります。

ご存じの方、いらっしゃいましたらご教示ください。お願い致します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 「以下の通り」と「次の通り」の使い分け

著者 トライトン さん2013年04月16日 16:38
実は契約書を作成する際、「次の通り」か「以下の通り」か迷うことが度々あります。
文字通り「次」はその文言の次(すぐ下)にくる場合、「以下」は次だけでなく、
その文言より後(複数)、というように個人的に解釈しています。
ただ、ご質問を機に色々契約書を見ると明確に使い分けられてはいないようです。
新日本法規の会社契約書式集でいくつかの雛型を見たら次のように(以下のように?)
なっていました。参考になるかわかりませんが。

契約書冒頭部)
A(以下甲という)とB(以下乙という)は、甲乙間で次の通り契約を締結する。
第1条 甲はXXを次条以下の約条により乙に売り渡し、乙はこれを買い付ける。
   (第2条以下省略)

Re: 「以下の通り」と「次の通り」の使い分け

著者 真剣蝉 さん2013年04月16日 18:01
トライトン様

面倒な質問へのご回答感謝致します。

基本的に、明確な使い分けはされていないのですね。

> 「次」はその文言の次(すぐ下)にくる場合
> 「以下」は次だけでなく、その文言より後(複数)

という解釈はとても納得のいくもので、私も今後は意識してみたいと思います。

ありがとうございました。
1~3  (3件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク