スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 月末締め翌月10日払いの月額変更について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

月末締め翌月10日払いの月額変更について

著者  ミスアンドマリ さん 最終更新日:2013年06月20日 18:24
3月分より昇給があり3月分、4月分、5月分の給料
である4月10日払い、5月10日払い、6月10日払い
の額を月額変更届けに書いて提出しました。
当社は末締め翌月10日払いなのですが、
社会保険料は前月分を控除(たとえば4月分なら5月分のお給料6月10日払い)
することになっていて、この場合7月分より保険料改定→8月分の9月10日払い
より月額変更する、という認識であっているでしょうか。。
教えてください。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 月末締め翌月10日払いの月額変更について

著者  向井了一社会保険労務士事務所 さん (専門家) 2014年07月10日 21:24
時間がたっているので、もう解決済みかもしれませんが。

3月分      4月分     5月分
 ↓        ↓       ↓
4/10払い    5/10払い   6/10払い


社会保険料は前月分を控除」とあり、「4月分なら5月分6/10払い」から控除、ということは、例えば、4/1入社の人の保険料は、6/10のお給料から控除するということですね。

この方法で控除しているということでしたら、7月月変の場合でも9月10日の給与から控除することになります。

ただ、社会保険料の控除について、一般的には、社会保険料自体が翌月末が納期限のため、4月分の保険料は翌月の給与から控除する方法が多いです。

この方法ですと、末日退社の場合は、2ヶ月分の保険料を控除しなくてはなりません。

もし、御社のいわれるように、4月分を6月10日の給与から控除する場合、退職されたときの保険料はどのように控除しているのでしょうか?

社会保険料の徴収方法が、翌月徴収や当月徴収する会社は実際にありますが、翌々月徴収というのは聞いたことがありません。翌々月徴収のメリットはどこにあるのでしょうか?

退職されたときの保険料徴収をどうされているのか気になります。

返信新規投稿する
1~2  (2件中)

スポンサーリンク

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク