スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > ツーマン運行の休息時間について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

ツーマン運行の休息時間について

著者 山田喜三郎 さん最終更新日:2015年02月14日 11:19
法令を読んでもわからず・・・教えていただきたいと思います。

改善基準告示では、ツーマン運行の拘束時間は最大20時間まで伸ばすことができ、休息は4時間以上とあります。
ワンマン運行との組み合わせの場合
1、ワンマン運行・・・休息(8時間)
2、ツーマン運行・・・休息(4時間?8時間?)
3、ワンマン運行

2から3の運行の間の休息は4時間でも良いのではないかという質問を受けました。
私はワンマンが絡んでいるので8時間と説明しましたがこれで合っているでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: ツーマン運行の休息時間について

福岡で社会保険労務士をしております。
過去には、改善基準関係の指導を行っていた立場でもありました。

改善基準に関しては、あまり得意としない方が多いようであり、
回答がありませんでしたのでお答えいたします。

バスなのかトラックなのかの内容が不明ですが、
基本的には、ワンマン、つーマンの混在作業であれば、
拘束時間等ワンマンの改善基準が適用されることになります。
1日の拘束時間の特例の活用は行えますが、
それ以外は通常の改善基準の適用となります。
ご質問主様がおっしゃられているように、
ワンマンが絡んでいるので、通常の休息時間という扱いです。

混在作業は禁止されていませんが、ドライバーには負担になることもあります。
負担等による過労運転による重大事故が起きないような管理が必要です。
北海道では、初めて1か月の業務停止処分などありました。
今後行政の対応も厳しくなることが予想されますので、
改善基準の順守と併せ、過重労働の対策も行う必要があります。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 福岡で元労働基準監督官が行うコンサルタント事務所
  原 労務安全衛生管理コンサルタント事務所

    労務安全衛生アドバイザー 原  論(さとし)
         (社会保険労務士
     http://www.roumuanzeneisei.jp
https://www.facebook.com/roumuanzeneisei
     http://acchandd.blog.bbiq.jp(ブログ)
 ※以前 acchanpapa の名前で書き込みしていました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
1~2  (2件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク