スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 税務経理について > 12月転職者の年末調整について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

税務経理について

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

12月転職者の年末調整について

著者  tinkle さん 最終更新日:2015年11月16日 18:30
いつも参考にさせていただいております。
早速ですが、12月1日付で入社する方の年末調整の件で、教えてください。

当社には12月1日付で入社するのですが、現在勤めている会社で年末調整まで行っていただく事になっているようです。
前職の収入も12月まで発生し、源泉徴収票は最終給与が支給されてからでないと入手できません。
この場合、当社には12月から入社するので、当然12月の給与が発生いたします。
この場合、12月の所得税は、当社は2箇所目の給与支払い場所として、乙として処理し12月の年末調整を行わない。
11月末には前職を退職しているので、1月に再年調で甲として当社の年末調整が可能でしょうか。
可能な場合は、H27年分の扶養控除申告書を提出していただく事になりますが、2か所へ提出ということにはならないでしょうか。

スポンサーリンク

返信新規投稿する

Re: 12月転職者の年末調整について

著者  ton さん 2015年11月16日 21:06
> いつも参考にさせていただいております。
> 早速ですが、12月1日付で入社する方の年末調整の件で、教えてください。
>
> 当社には12月1日付で入社するのですが、現在勤めている会社で年末調整まで行っていただく事になっているようです。
> 前職の収入も12月まで発生し、源泉徴収票は最終給与が支給されてからでないと入手できません。
> この場合、当社には12月から入社するので、当然12月の給与が発生いたします。
> この場合、12月の所得税は、当社は2箇所目の給与支払い場所として、乙として処理し12月の年末調整を行わない。
> 11月末には前職を退職しているので、1月に再年調で甲として当社の年末調整が可能でしょうか。
> 可能な場合は、H27年分の扶養控除申告書を提出していただく事になりますが、2か所へ提出ということにはならないでしょうか。
>

こんばんは。
前職11月退職、12月新規就職の場合前職では年調することは出来ません。
また新規就職先においても源泉徴収票が間に合わなければ年調することは出来ません。
但し1月中に前職源泉票が発行されれば再年調として年末調整をすることになります。
年調の手引の注意書きがあります。

③ 12月中に支給期の到来する給与の支払を受けた後に退職した人

12月の給与支給を受けた後に退職し年内就職する予定がなければ退職した会社において年調してもらうことは可能ですが11月退職で12月は再就職されているわけですから前職において年調できません。
まず本人に御社にて年調しなければならないことをよく説明しましょう。
また年調の手引をご確認ください。WEBでも確認できます。
扶養控除申告書は12月採用ですから提出していただく必要があります。
提出がなければ乙欄控除になりますし再年調の必要もありません。
とりあえず。
返信新規投稿する

Re: 12月転職者の年末調整について

著者  tinkle さん 2015年11月17日 11:53
> > いつも参考にさせていただいております。
> > 早速ですが、12月1日付で入社する方の年末調整の件で、教えてください。
> >
> > 当社には12月1日付で入社するのですが、現在勤めている会社で年末調整まで行っていただく事になっているようです。
> > 前職の収入も12月まで発生し、源泉徴収票は最終給与が支給されてからでないと入手できません。
> > この場合、当社には12月から入社するので、当然12月の給与が発生いたします。
> > この場合、12月の所得税は、当社は2箇所目の給与支払い場所として、乙として処理し12月の年末調整を行わない。
> > 11月末には前職を退職しているので、1月に再年調で甲として当社の年末調整が可能でしょうか。
> > 可能な場合は、H27年分の扶養控除申告書を提出していただく事になりますが、2か所へ提出ということにはならないでしょうか。
> >
>
> こんばんは。
> 前職11月退職、12月新規就職の場合前職では年調することは出来ません。
> また新規就職先においても源泉徴収票が間に合わなければ年調することは出来ません。
> 但し1月中に前職源泉票が発行されれば再年調として年末調整をすることになります。
> 年調の手引の注意書きがあります。
>
> ③ 12月中に支給期の到来する給与の支払を受けた後に退職した人
>
> 12月の給与支給を受けた後に退職し年内就職する予定がなければ退職した会社において年調してもらうことは可能ですが11月退職で12月は再就職されているわけですから前職において年調できません。
> まず本人に御社にて年調しなければならないことをよく説明しましょう。
> また年調の手引をご確認ください。WEBでも確認できます。
> 扶養控除申告書は12月採用ですから提出していただく必要があります。
> 提出がなければ乙欄控除になりますし再年調の必要もありません。
> とりあえず。

ton さん
早速のご回答ありがとうございました。
前職の人事との面談で、「年末調整はします」と言われたとの事ですが、再度前職への確認と、こちらで年末調整がすることが必要な旨伝えてみます。
もし、既に手続きを済ませいろいろな控除証明資料を提出してしまっている場合は、
返却してもらえるようにも。


返信新規投稿する
1~3  (3件中)

スポンサーリンク

お知らせ

調査レポート公開

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク