スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 企業法務について > 退職金と定年延長

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

企業法務について

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

退職金と定年延長

著者 シュナイダー さん最終更新日:2016年04月03日 14:37
60歳定年でしたが、65歳まで働ける環境を整えるために規程を変更し、定年を65歳としました。
ですが、退職金は60歳で支給しています。
そこで辞める人と、給与月額20万円(賞与定年前の職員と同じ支給率)で65歳まで働く人がいます。
継続して働く場合、退職所得控除の対象としていいのかどうか疑問があります。
なお、65歳で辞める歳の退職金はありません。

スポンサーリンク

Re: 退職金と定年延長

著者 村の長老 さん2016年04月04日 07:56
既に定年年齢を60歳から65歳に変更されたとのこと。

失礼ですが十分な検討や説明も行われずされたのではないかと思わずにいられません。

事は非常に重要な変更です。社員のモチベーションに大きな影響を与え存立にも影響しかねない案件です。

定年前に退職することなく退職金を支給して税制面ではどうなのかはもちろん、60歳で定年となる人が65歳まで延長された場合、60歳で辞める場合は自己都合となるわけです。そういったコンセンサスができていたのかどうかなど。この件では裁判に持ち込まれているケースもあり、会社側敗訴が多いです。

Re: 退職金と定年延長

著者 グレゴリオ さん2016年04月29日 21:03
> 継続して働く場合、退職所得控除の対象としていいのかどうか疑問があります。

こちらをご参照ください。

国税庁HP タックスアンサー
「No.2725 退職所得となるもの」
3 引き続き勤務する人に支払われる給与で退職手当とされるもの
https://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2725.htm

御社の場合、(5)が該当しそうです。管轄の税務署に確認されてください。

Re: 退職金と定年延長

著者 hitokoto2008 さん2016年04月04日 10:31
> 60歳定年でしたが、65歳まで働ける環境を整えるために規程を変更し、定年を65歳としました。
> ですが、退職金は60歳で支給しています。
> そこで辞める人と、給与月額20万円(賞与定年前の職員と同じ支給率)で65歳まで働く人がいます。
> 継続して働く場合、退職所得控除の対象としていいのかどうか疑問があります。
> なお、65歳で辞める歳の退職金はありません。


現在、私のところも類似の状態を抱えているので、レスしようか迷いました…
私見ですが…

まず、定年延長ということですが、他の回答にもあるように、労働者にとって必ずしも利益になるとは限りません。
(場合によっては不利益変更になる部分あり得ます)。
特に退職金計算も65歳まででなく、計算期間60歳までで打ち切りとなると、自己都合と会社都合の問題の他に、その支払を何時の時点で行うかという問題も発生するはずです。
60歳以上の上積みがないのなら、会社都合扱いにして、支払いも定年65歳まで引き延ばすのではなく、60歳時に退職金を精算すべきだと思います。
退職金退職時に支払うのが一般的で、また、退職後いつまでに支払うかは、会社の任意ですが、今回の改正に絡んでその支払い時機を引き延ばすのは好ましくないと考えています。
(弁護士に聞こうと思っているが、その機会がなく、ここの部分の法的解釈は現状では承知していない)。

なお、職金金控除額については、その支払を65歳時にしても、60歳までしか計算に算入しないと思います。
上積み金額も無いのに、控除額のみ5年間を更に加算するのは不適切だと考えます。

また、退職金について、在職中の懲戒処分などで減額する(できる)規定が一般的ですが、今回のケースだと60~65歳までの間に、懲戒処分事由が発生しても、既に60歳時に確定している金額を遡及減額することは不当のような気がしますね(計算期間が60歳までだから)。

Re: 退職金と定年延長

著者 シュナイダー さん2016年04月04日 17:36
ご回答ありがとうございます。
出向でこの職場へ来たのですが、この件については労使が合意したとのことです。
ともに少し不勉強だったのではないか、と思っております。
1~5  (5件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク