スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 入社一時金の課税・社保等の扱いについて

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

入社一時金の課税・社保等の扱いについて

著者  りっくん さん 最終更新日:2016年05月06日 10:45
りっくんと申します。
入社一時金(呼び名は各社各様と思いますが)について相談させてください。

ある会社(A社とします)は末日締め翌月25日払いの給与体系なのですが、
1日付の新入社員は入社してから最初の給料まで2ヶ月以上時間が空くことから、
入社月の25日に入社一時金として一定額の手当の支給を行っています。

私の感覚ではこの一時金は「労働の対価」ではないため賞与扱いとすべき
ではないかと思うのですが、A社では給与として扱っているそうです。
賃金上の扱いは「給与」「賞与」のどちらにするべきなのでしょうか。
※軽く調べたところ「一般的にはこう」といった話は散見されたのですが
  「こうしなければいけない」といった決まりがあるのか分かりませんでした。
  その辺りの法的根拠等をお教えいただけるとよりありがたいです。

また、それにより課税や社会保険での扱いも変わると思うのですが
その辺りもどうすべき(賞与の場合の税率の決め方など)なのか、
ご意見をいただけますと幸いです。


よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1~1  (1件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク