スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 企業法務について > 代表取締役増員に伴う行政機関への手続きについて

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

企業法務について

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

代表取締役増員に伴う行政機関への手続きについて

著者 ポット さん最終更新日:2016年06月15日 06:56
宜しくお願いいたします。今般、当社の代表取締役社長が代表権を持ったまま、会長となり、取締役の1名が代表取締役社長になりました。印鑑はそれぞれ登録しています。こういった場合、税務署や社会保険事務所、労基署等の行政機関に手続きは必要でしょうか。また、当社は建設業を営んでおり、建設業許可や入札もしておりますが、そういった機関へも変更届等は必要でしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 代表取締役増員に伴う行政機関への手続きについて

著者 いつかいり さん2016年06月24日 21:06
社長、会長、専務、常務、頭取、理事長、…、職位をなんとつけるかは、その会社のきめごと任意で、対外的にはたいした意味はないです。

今回の改選で、どの代表権者を窓口にするのかも、その会社の決めごと、任意です。人を変更するなら届け出ることです。会長になったその人が引き続き届出者となるのでしたら、あとはその職位肩書(社長→会長)を変更したことで届け出要不要かはその箇所が決めごととして確立してますので、個別にお尋ねください。

1~2  (2件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク