スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 労働保険対象額について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

労働保険対象額について

著者  satosi さん 最終更新日:2016年11月03日 14:12
雇用保険対象額労災保険対象額が個人ごとに異なる事例があるか
ご教示ください。

雇用保険労災保険で加入の対象者範囲が異なることがあるため、
年間での対象賃金総額に差異が出ることがあると思います。
その場合は、雇用保険の対象者額に保険料率を乗じ、
労災保険の対象額に労災保険料率を乗じ、合算額を概算•確定
労働保険料として、納付すると思います。

上記の通り、年間では対象者数の違いから賃金総額に差異が出ますが、
個人ごとにみる場合、雇用保険対象額労災保険対象額に差異が出ることはある
のでしょうか?例えば、持ち株奨励金は、雇用保険対象額には含めるが、
労災保険対象額には含めないなど。
何か事例があればご教示ください。
よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 労働保険対象額について

著者  有限会社人事・労務 さん (専門家) 2017年10月30日 14:22
回答させて頂きます。

労働者に支払う賃金総額に保険料率を乗じて得た額が労働保険料となります。
労働保険料の算定において雇用保険労災保険に違いはないかと思います。

厚生労働省のホームページに賃金早見表がありましたのでURLを添付させて頂きます。
http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/daijin/hoken/980916_6.htm

ご確認頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。






> 雇用保険対象額労災保険対象額が個人ごとに異なる事例があるか
> ご教示ください。
>
> 雇用保険労災保険で加入の対象者範囲が異なることがあるため、
> 年間での対象賃金総額に差異が出ることがあると思います。
> その場合は、雇用保険の対象者額に保険料率を乗じ、
> 労災保険の対象額に労災保険料率を乗じ、合算額を概算•確定
> 労働保険料として、納付すると思います。
>
> 上記の通り、年間では対象者数の違いから賃金総額に差異が出ますが、
> 個人ごとにみる場合、雇用保険対象額労災保険対象額に差異が出ることはある
> のでしょうか?例えば、持ち株奨励金は、雇用保険対象額には含めるが、
> 労災保険対象額には含めないなど。
> 何か事例があればご教示ください。
> よろしくお願いいたします。

Re: 労働保険対象額について

著者  村の平民 さん 2017年10月30日 17:21
① 専門家(有限会社人事労務 さん)のご指導に異論を挟むのは僭越ですが、お許し下さい。

② 労災保険は、例え1年の間にただの1時間しか労働しなかった者の賃金に対しても保険料を納め、かつ、そのごく短期間労働者がその短期労働中に労災保険対象災害で傷病に遭った場合は労災保険の給付を受けられます。

③ しかし、そのような短期労働者雇用保険対象者ではないので、雇用保険料納付は不要で、雇用保険給付も原則としてあり得ません。

④ 前記のことから、労働保険料年度更新において、労災保険分と雇用保険分は、賃金額に差があることが普通とも言えます。
 それは、当然「個人ごとにみる場合、雇用保険対象額労災保険対象額に差異が出ることはある」と言えます。

⑤ 「持ち株奨励金」は質問者の会社独自の制度です。
 一定の雇用状態以上の労働者を「持ち株奨励金」対象者にしようとするためには、雇用保険対象者にすべきでしょう。
 しかし、雇用保険対象額労災保険対象額に差異が出ることをどのように勘案し規定するかは、貴社経営者の判断次第と言えます。
1~3  (3件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク