スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 企業法務について > 代表取締役辞任後、残留する場合(取締役会設置会社)

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

企業法務について

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

代表取締役辞任後、残留する場合(取締役会設置会社)

著者 みちた さん最終更新日:2016年11月16日 21:22
初めて質問させていただきます。

当社定款取締役は3名、代表取締役1名と定めています。

現状A,B,C,の取締役のうちAが代表ですが、Aが一身上の都合で辞任、取締役として残留し、Bが代表に就任することになりました。

取締役会でAの代表取締役辞任、Bの代表取締役就任を決議しましたが、この議事録の署名欄で代表取締役となるのは新しく就任したBで合ってますでしょうか?

また、登記申請書の添付書類は、取締役会議事録と(就任承諾書は議事録の記載を援用)Aの辞任届だけで大丈夫ですか?それとも、Bは個人の実印を押すので、Bのみ印鑑証明が必要なのでしょうか?

急なことで調べる時間がなく、皆さんのお知恵をお借りできたらと投稿しました。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

Re: 代表取締役辞任後、残留する場合(取締役会設置会社)

著者 いつかいり さん2016年11月17日 04:25
礼儀でお知恵をといわれておられるのでしょうが、登記実務で先例の積み重ねで確定した世界ですので、世間の知見が入り込む余地はないです。司法書士の専門家にあたってください。うろ覚えでよければ、株式会社として

辞任届は、書かれた日付が登記される辞任日になる(取締役会の承認決議は無意味)。代取を選定承諾を受けるまで、Aが代取(辞任日が過去なら権利義務代取)を務める。

定員が1名しか許容してないのなら、
就任日はA辞任日の翌日付けか、B就任承諾の日のいずれか遅い方。
選定取締役会の終結の時を辞任時としているなら、同日

議事録の代表取締役は、終結時にだれが代取かによる。

ただ議事録押印は、肩書が取締役でもA会社実印、B個人実印
個人印鑑証明は、辞任届に個人実印押印するAも必要。ただし辞任届に会社実印を押すなら、不要。

B会社実印登録もあわせてどうぞ。

Re: 代表取締役辞任後、残留する場合(取締役会設置会社)

著者 みちた さん2016年11月17日 09:01
お聞きしたかったこと、全て網羅されていて、本当にありがたいです。
早めに書類を用意して、登記所で確認しながら進めたいと思います。
ありがとうございました!
1~3  (3件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

お知らせ

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク