スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 税扶養と源泉の氏名記載について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

税扶養と源泉の氏名記載について

著者 cas さん最終更新日:2016年12月19日 11:11
私の勤めている会社では、12月給料と同時に年末調整をして所得税の清算をします。
もう12月給料計算と年末調整も終わったタイミングで、社員に扶養できる親族がいることがわかりました。
社会保険扶養はできず、税扶養のみになるのですが結局扶養の人数を足した状態で所得税の計算はシステムのタイミング上できませんでした。
その場合、源泉徴収票を作成するときに扶養者の名前を記載して市町村へ源泉を送っていいのかを迷っています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Re: 税扶養と源泉の氏名記載について

著者 プロを目指す卵 さん2016年12月19日 21:50
> 私の勤めている会社では、12月給料と同時に年末調整をして所得税の清算をします。
> もう12月給料計算と年末調整も終わったタイミングで、社員に扶養できる親族がいることがわかりました。
> 社会保険扶養はできず、税扶養のみになるのですが結局扶養の人数を足した状態で所得税の計算はシステムのタイミング上できませんでした。
> その場合、源泉徴収票を作成するときに扶養者の名前を記載して市町村へ源泉を送っていいのかを迷っています


扶養者増を反映させないのか、それとも反映した源泉徴収票を作成するのか。まず、それを決めなければなりません。
反映させないなら、当該扶養者の氏名は源泉徴収票には記載しないというよりも記載できません。年税額計算で当該扶養者を入れていないのですから。反映させるなら、恐らく以下の手作業となるのではないでしょうか。

1:入力済内容を印刷する。
2:印刷された各項目の内、今回の扶養者増によって修正すべき箇所の数字を増加後の数字に手作業で修正する。
3:修正後の数字に基づいて、再度、手作業で年末調整を行う。
4:扶養者増ですから、再年調後の年税額は、当初の年税額よりも少なくなりますから、減少額は年内に本人へ還付する。経理処理は預り金の減額。
5:源泉徴収票は、扶養者増に合わせて手作業で修正あるいは加筆。
1~2  (2件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

労働実務ケーススタディ集

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク