スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 賞与の大幅減額について

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

賞与の大幅減額について

著者 mowaewa さん最終更新日:2016年12月20日 11:03
いつもお世話になっております。

従業員賞与額について、疑問に思う節があり、ご意見をお聞かせいただけましたらと思い、
書き込ませていただきました。

先日冬季賞与が支給されました。
弊社では、人事考課制度はありますが、大きく左右されることはなく、またどれだけ売り上げに貢献した社員であっても、賞与額がUPすることはほとんどありません。
基本的には社長の判断で賞与額が決まっています。

今回、会社の業績に大きく貢献している社員にも関わらず、賞与額が2割程度減額されて支給されていることが判明しました。

1つ考えられることは、社長との意見の対立により、溝ができてしまっていることです。
今までは大切にされていたようでしたが、いつからか社長がその従業員を嫌っているのだろうと思われる言動は確かに見受けられました。

役員等話をしても減額の事実を全く知らない状況です。
いろいろ調べていると、法的には違反でもなんでもないようですが、従業員自身、会社に損害を与えたわけでもなく、むしろ業績UPに貢献しているのは周りの誰が見ても事実です。

社長に直接話などをすると、余計こじれてしまう可能性があるので、あまり事を大きくはしたくないのですが、しかしながら賞与の査定には社長個人の感情だけで左右されてしまうのはいかがなものかと思っています。またその従業員モチベーションもすごく下がってしまっており、会社としては大切な社員を守る義務があると考えています。

なんだか理不尽だと思うのですが、やはりこのような場合、次の査定までに挽回するように本人が頑張るしかないのでしょうか??

スポンサーリンク

Re: 賞与の大幅減額について

著者 hitokoto2008 さん2016年12月20日 15:34
> なんだか理不尽だと思うのですが、やはりこのような場合、次の査定までに挽回するように本人が頑張るしかないのでしょうか??


結論から言わせてもらうと、いくら頑張ってもダメですね。
ですから、本人にもそれを自覚してもらうしかありません。
まあ~社長さん自身に大人になってもらうしかないのかな(笑)…
私のところでは、慣例的に夏の賞与を毎年6月末に支給していました。ところが…気に入らない社員が6月賞与を貰ってから退職するという手続きをしたため、「今年は7月に支給する」と言い出しました(爆笑)
「社長!いくらなんでも、それは大人げないですよ…」
なだめるのが大変でしたね(笑)
まあ~社長なんてそんなものです。

>先日冬季賞与が支給されました。
弊社では、人事考課制度はありますが、大きく左右されることはなく、またどれだけ売り上げに貢献した社員であっても、賞与額がUPすることはほとんどありません。
基本的には社長の判断で賞与額が決まっています。

大局的に考えれば賞与考課制度を策定すべきです。
実務的には賞与考課制度を実施し、公平な査定をすることですね。そして、そのような社長にも「社長支給特別枠」というものを作って、増減枠を与えるわけです。
100万円支給のうち、人事枠で80万円、社長枠20万円というようなものですね。
賞与支給額そのものについては「不利益変更」を実証する手立てがありません。
でも、社員のモチベーションが下がることは会社的には避けたい…
また、社長の考課は考課として尊重する手立てにもなりますよね。






> いつもお世話になっております。
>
> 従業員賞与額について、疑問に思う節があり、ご意見をお聞かせいただけましたらと思い、
> 書き込ませていただきました。
>
> 先日冬季賞与が支給されました。
> 弊社では、人事考課制度はありますが、大きく左右されることはなく、またどれだけ売り上げに貢献した社員であっても、賞与額がUPすることはほとんどありません。
> 基本的には社長の判断で賞与額が決まっています。
>
> 今回、会社の業績に大きく貢献している社員にも関わらず、賞与額が2割程度減額されて支給されていることが判明しました。
>
> 1つ考えられることは、社長との意見の対立により、溝ができてしまっていることです。
> 今までは大切にされていたようでしたが、いつからか社長がその従業員を嫌っているのだろうと思われる言動は確かに見受けられました。
>
> 役員等話をしても減額の事実を全く知らない状況です。
> いろいろ調べていると、法的には違反でもなんでもないようですが、従業員自身、会社に損害を与えたわけでもなく、むしろ業績UPに貢献しているのは周りの誰が見ても事実です。
>
> 社長に直接話などをすると、余計こじれてしまう可能性があるので、あまり事を大きくはしたくないのですが、しかしながら賞与の査定には社長個人の感情だけで左右されてしまうのはいかがなものかと思っています。またその従業員モチベーションもすごく下がってしまっており、会社としては大切な社員を守る義務があると考えています。
>
> なんだか理不尽だと思うのですが、やはりこのような場合、次の査定までに挽回するように本人が頑張るしかないのでしょうか??

Re: 賞与の大幅減額について

著者 mowaewa さん2016年12月20日 17:30
hitokoto2008 様

返信ありがとうございます。

賞与月の変更・・・そんな事もご経験されているのですね。
社長さん自身に大人に・・・というのは、本当にそうですね。
こればかりはどうしようもありませんが。
そもそも大人げない!ということは多々あり、あきらめてはいたのですが、
ここまで大げさに何かをやることは初めてだったし、誰が見ても、明らかに差別のように捉えられてしまうほどだったので、さすがにやりすぎでは??と思ってしまいました。

賞与考課制度・人事考課制度(昇給昇格等)についても、形ばかりで機能しているかといわれると???という感じでしたので、そういったものの整備等から始めていくべきだなと改め感じました。「社長支給特別枠」というのも必要かもしれませんね。
上手く立ち回りながら、説得しながら改善していく必要がありますね。

今回のことは良い勉強だと言い聞かせ、今後このようなことが起こらないような管理側の体制と、賞与以外でのモチベーションUP材料を用意していく必要があるかもしれませんね。
ご本人には今回は申し訳ないですが、今後の信頼回復(?)に努めてもらいたいと思います。
1~3  (3件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク