スポンサーリンク

HOME > 相談の広場 > 労務管理について > 有期契約社員の無期転換ルールについて

相談の広場

労務管理について税務経理について企業法務について給湯室

労務管理について

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!
今話題のキーワード⇒  児童手当 休業補償給付支給請求書

有期契約社員の無期転換ルールについて

著者 総務経理担当者 さん最終更新日:2016年12月26日 09:27
有期契約社員の無期転換ルールについて、次の場合どのような取り扱いになるか教えてください。
当社は、60歳定年制、定年到達後は再雇用制度に基づき1年毎の契約社員で65歳まで再雇用が可能となっています。ただし、対象は正社員のみです。
その場合、56歳で有期雇用契約を締結した社員がいて、5年後に無期転換ルールにより正社員を希望した場合でも、定年が60歳のため正社員としては雇用できないため、有期契約を継続するという形でも問題ないのでしょうか?

スポンサーリンク

Re: 有期契約社員の無期転換ルールについて

著者 hitokoto2008 さん2016年12月26日 10:04
無期雇用=正社員
ということではないです。
有期雇用→無期雇用に転換されるということは、単純に雇用期間の定めだけが無くなることを意味しています(その他の条件は変わらず)

企業によってはそれを踏まえて、60歳前であれば事前に正社員化を図っているところもあります。
但し、企業経営上、定年の定めを外すことはできませんね。
貴社の場合のようなケースだと、単純に65歳までの更新契約が一般的だと思いますが、そのままだと、65歳以降についてどうするか?という問題がクリアーされていません。
無期雇用になるわけですから、退職理由は契約満了には当たらず、自己都合か解雇になるはずです。
それを避けるためには、65歳以降に「第二定年」を設けるしかないと思われます。
将来的に同一労働同一賃金化が図られれば、「正社員と契約社員」という区分はなくなるでしょうが、まだまだ先の話ですね…





> 有期契約社員の無期転換ルールについて、次の場合どのような取り扱いになるか教えてください。
> 当社は、60歳定年制、定年到達後は再雇用制度に基づき1年毎の契約社員で65歳まで再雇用が可能となっています。ただし、対象は正社員のみです。
> その場合、56歳で有期雇用契約を締結した社員がいて、5年後に無期転換ルールにより正社員を希望した場合でも、定年が60歳のため正社員としては雇用できないため、有期契約を継続するという形でも問題ないのでしょうか?
>

Re: 有期契約社員の無期転換ルールについて

著者 総務経理担当者 さん2016年12月26日 10:40
ご回答ありがとうございます。
無期=正社員ではないということですね。

60歳以降でも無期契約になる可能性があることから、対応を検討したいと思います。

1~3  (3件中)
新規投稿する
サイト内検索 総務・労務・経理・法務ご担当の仕事の様々な疑問や困りごとを検索すれば、仕事に役立つ情報が探せます。

お知らせ

注目の検索キーワード

スポンサーリンク

注目の検索キーワード

読み物

注目の総務辞書用語

注目のコラム

注目の相談スレッド

総務の森ナビ

スポンサーリンク